ダッフィー&シェリーメイ(身長43cm)サイズの縫いぐるみ用の「スリムジャケット」の作り方です。これは以前作った「ジャケット」の改良版です。胸回りが以前より細身になっているため、タイトルの頭に「スリム」と付けました。

型紙を拡大or縮小すれば、他のサイズの縫いぐるみでも着られます。(参考記事)。自由にアレンジしてください。

その他、このジャケットに合わせたいアイテムの無料レシピはこちら⇒ワイシャツスカーフベストパンツ蝶ネクタイ

20161027-01

  • 難易度: ★★★★☆
  • 製作時間: 1時間半〜3時間
※写真をクリックすると大きな写真が表示され、詳細を確認できます。



完成写真 と 解説

完成写真を見て出来上がりのイメージをつかんでください。

前のボタンは、直径2cmのものを2個付けました。もう少し小さいボタンの場合は、3個付けてもいいですね。

ポケットは、フラップ(フタ)だけを飾りで付けましたが、省略OKです。

20161027-02


ソデには、直径1.5cmのボタンを2個ずつ付けていますが、こちらも省略OKです。

20161027-03


背中の中心のスソ部分に切れ目(あき)がありますので、しっぽを見せられます。

20161027-06


普通の人間用ジャケットと違い、エリだけで一つのパーツにしてあります。そのため、エリの形をアレンジするときにやりやすいと思います。

裏地がないため簡単に作れますが、首回りと前見頃の合わせ部分には「見返し」を付けました。前ボタンを開けてラフに着せたとき、裏側が少し見えても裏地があるような感じになります。

20161027-05


スナップボタンで前を閉じています。ボタンホールをあけたい場合は、こちらの学ランがボタンホールありなので参考にしてください。

20161027-08


このジャケットはSサイズダッフィー(男の子)をモデルに作っています。シェリーメイ(女の子)は細身なので、このジャケットを直接着せるとブカブカになってしまします。

※ 工程【35】で少しだけ大きさ(太さ)を小さくできます。

20161027-04


ジャケットの中に、Yシャツベストを着せると、ダッフィーはちょうどいいサイズ、シェリーメイはちょっとゆとりがあるけれど、まあ問題ないかな?というレベルになります。

ただ、縫いぐるみは発売時期や個体差によって若干大きさ(太さ)が変わります。そのため、着用感が変わることがあります。(私のダッフィーは、2012年秋に購入したもので、首周り24.5cm、胸囲33.5cm、腹囲41cmです。)

20161027-07


下の写真の以前作ったジャケット型紙からの改良ポイントは、
  • 胸回りと首回りをスリムに
  • 前見頃のあわせ部分を丸く
  • 胸のあき部分(Vの字)を深く
  • 丈を少し長く
  • ポケットのフラップを付けた
  • そで口にボタンを付けた
等です。作り方は、ほとんど同じですが、スリムジャケットの方がより丁寧に作り方を書いてあります。

1f6e674a


こんな感じで、型紙を作っています。型紙の制作状況は随時ツイッター( @cotoro_net )で公開していますので、よろしければフォローしてみてください(*^ ^*)

20170214-08

材料(概算です。参考までに)

(必要に応じて)
  • 袖口用ボタン・・・4個

私が使った材料の詳細

布は、紺色のオックス生地です。息子の入学グッズ(給食袋ランチマット)を作ったときの余りです。

ボタンは、おなかの前のボタンが直径2cm、袖口が直径1.5cmです。

これらのボタンは購入したものではなく、母からもらったものです。母は昔から洋服を捨てるときにはボタンを取ってから捨てるので、色々なボタンをたくさん持っているのです。


使った道具

道具の詳細や使い方はこちらの記事にまとめてあります


無料型紙ダウンロード

実物大の型紙です。「余白なし(余白ゼロ)」の設定で、A4用紙に印刷して使ってください。(画像をクリックすると大きい画像が表示されます)。うまく実寸大に印刷できない場合はこちらをご覧ください

型紙の黒実線が布を切るラインです。点線は、縫い代もしくは出来上がり線です。「わ」と書いてあるところは、布を2つに折り、折った部分を「わ」に重ねて2枚の布を一緒に切ります。

スリムジャケット型紙A

スリムジャケット型紙B

スリムジャケット型紙C


スリムジャケット型紙D


お約束

型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。
詳細はこちら。


作り方

【1】布を切ります。(フラップを付けない場合は、フラップの生地はいりません)

そして、黄色線の部分にほつれ止めをします。私はほつれ止め液「ピケ」を使っています。

※ 縫いぐるみの服は小さくてカーブがきついく、ロックミシンや家庭用ミシンのジグザグ縫いでほつれ止めするのは難しいため、ほつれ止め液がお勧めです。

20161028-01


【2】後身頃を中表(表側どうしを合わせるという意味)に合わせる。

20161028-02


【3】背中の中心を縫い代1cmで縫います。縫うのは、型紙の「開き止まり」までです。

20161028-03


【4】縫い代を割ってアイロンをかけます。

20161028-04


【5】前身頃と後身頃を、肩の部分で中表に合わせます。

20161029-01


【6】肩の部分を縫い代5mmで縫います。

20161030-01


【7】後身頃と前身頃を開いて、縫い代を後身頃側に倒してアイロンをかけます。

20161030-02


【8】エリ(表地)とエリ(裏地)を中表に合わせます。

20161030-03



【9】縫い代5mmで黄色線を縫います。型紙の出来上がり線(点線)を参考にチャコペンなどで印を付けてから縫うとやりやすいです。

20161030-04


【10】黄色線のように、縫い代のカーブかきつい部分を切り落とし、ミシン線に垂直に切り込みを入れます。このとき、ミシン線を切らないように注意してください。

20161030-05


【11】表に返してアイロンをかけます。このとき、V時の切れ込みのとがった部分が少し丸くなっていても大丈夫です。

20161030-06


【12】V時の切れ込み部分で表地側に半分に折ります(型紙の線を参考に)。

20161031-01


【13】縫い代2〜3mmで黄色線を縫います。

20161031-02


【14】広げるとこのようになります。

20161031-03

20161031-04


【15】見頃の表が見えるようにして置き、その上にエリ(表地)が見えるようにしておきます。そして、エリの中心と後見頃の中心を合わせてクリップなどでとめます。

20161031-05


【16】エリのカーブに沿って、他の部分もとめます。

20161031-06


【17】縫い代3mmで黄色線を縫います。

20161031-07


【18】見返しの背中の中心部分を中表に合わせます。

20161031-08


【19】縫い代5mmで黄色線を縫います。

20161031-09


【20】縫い代を割ってアイロンをかけます。

20161031-10


【21】エリの中心と見返しの中心を合わせます。このとき、見返しの表とエリが合わさるようにしてください。

20161031-11


【22】前見頃の方までクリップでとめます。

20161031-12


【23】黄色線を縫い代5mmで縫います。ただし、スソの部分の縫い代は1cmにしてください。型紙の出来上がり線(点線)を参考に、チャコペンなどで印をつけてから縫うとやりやすいです。

20161101-01


【24】黄色線のように、縫い代のカーブかきつい部分を切り落とし、ミシン線に垂直に切り込みを入れます。このとき、ミシン線を切らないように注意してください。

20161101-02


【25】見返しを表に返します。

20161101-03


【26】エリと身頃の間の、身頃の上を縫います。縫う位置は、エリから1〜3mmです。

20161101-04


【27】そで口を裏側に1cm折ります。そして、ソデの肩部分に印をつけます(型紙の「肩」の位置を参考にしてください)

20161101-05


【28】黄色線を縫います。

20161101-06


【29】ソデと見頃を「肩」の部分で中表に合わせます。ソデは2枚ありますので左右のソデを間違えないように気を付けてください。型紙に書いてある「前見頃側」と「後見頃側」を参考にしてください。

20161102-01


【30】肩の部分をクリップなどでとめます。次に、ピンクの矢印どうし、黄緑の矢印どうしをとめることになります。

20161102-02


【31】クリップでとめるとこのようになります。

20161102-03


【32】クリップの間を細かくとめていきます。

※ 曲線どうしを合わせるのは少し難しいです。その場合は、布の切り口どうしを合わせるのではなく、内側に5mm入った縫い代どうしを合わせることを意識してみるとうまくいくと思います。

20161102-04


【33】先ほどとめたクリップの部分を縫い代5mmで縫います。

※ この工程がこのジャケット作りの一番の難所です。私はものすご〜くゆっくりミシンで縫っていますが、ミシンが苦手な方は無理にミシンを使わずに手縫いで縫ってみてください。

20161102-05


【34】反対側のソデも同様にして縫ってください。

※ 布の裏表、や前見頃側・後見頃側に注意してください。工程【29】を参考に。

20161102-06


【35】前身頃と後身頃を中表に合わせ、ソデも中表に合わせます。そして、縫い代5mmで黄色線を縫います。反対側のソデも同様に縫ってください。

※ シェリーメイなどの細身の縫いぐるみに着せたい場合は、この脇の下の(見頃の)縫い代を多く(1cmぐらいに)するともう少し細身のジャケットになります。この工程で実際に縫いぐるみに着せて調節してみてください。

20161102-07


【36】スソを裏側に1cm折ります。

20161102-08


【37】黄色線を縫い代1〜3mmぐらいで縫います。

20161102-09


【38】ボタンとスナップボタンを付けます。つける位置は型紙を参考に、実際に縫いぐるみに着せて調節してください。

※ 男性用は下の写真のように左前見頃が外側になりますが、女性用は逆で、右前見頃が外側になりますので注意してください。
※ ボタンホールをあける場合は、学ランの作り方を参考にしてください。

20161102-10

20161102-11


【39】【省略OK】そで口にボタンを付ける場合は、型紙を参考に位置を決めてください。

20161102-12


【40】【省略OK】フラップの作り方と付け方は、学ランの作り方の工程【29】〜【31】を見てください。付ける位置は型紙や下の写真を参考に、実際に縫いぐるみに着せて調節してください。

20161102-13

これで出来上がりです。お疲れ様でした。



型紙や作り方に間違いを発見された場合は、該当記事のコメント欄から教えてください。また、質問もコメント欄からお願いします。よくある質問は、こちらにまとめてありますので参考にしてください(*^_^*)

作品をブログに載せる場合、型紙の入手先として「無料型紙工房ことろ」を紹介して頂けると大変うれしいです♪「リンクしていいですか?」などの連絡は不要なのでお気軽にお願いします。

また、このブログを参考にした作品の写真を「作りました!掲示板」に投稿できます。是非ステキな作品を見せてください!

最近では、ツイッターから作品を見せていただくことも多いです。その際には「@cotoro_net」をコメント内に入れていただけると私も作品写真を拝見することができ、リツイートさせていただくこともあります。たくさんの方に作品を見ていただきましょう(*^ ^*)

作品を投稿される際には、どの型紙を作ったかや、アレンジした場合はアレンジした箇所、型紙を拡大・縮小した場合はその倍率などの情報を合わせて載せていただけると、他の方の参考になると思います。