無料型紙ダウンロード

実物大の型紙です。「余白なし(余白ゼロ)」の設定で、A4用紙に印刷して使ってください。うまく実寸大に印刷できない場合はこちらをご覧ください

型紙の黒実線が布を切るラインです。点線は、縫い代もしくは出来上がり線です。「わ」と書いてあるところは、布を2つに折り、折った部分を「わ」に重ねて2枚の布を一緒に切ります。

<PDFでダウンロードする場合はこちらをクリック>

下記画像をクリックして、画像(JPG)でダウンロードもできます。

スリムジャケット型紙A

スリムジャケット型紙B

スリムジャケット型紙C

スリムジャケット型紙D

 

お約束

型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。
詳細はこちら。

作り方

【1】布を切ります。(フラップを付けない場合は、フラップの生地はいりません)

そして、黄色線の部分にほつれ止めをします。私はほつれ止め液「ピケ」を使っています。

※ 縫いぐるみの服は小さくてカーブがきつく、ロックミシンや家庭用ミシンのジグザグ縫いでほつれ止めするのは難しいため、ほつれ止め液がお勧めです。

20161028-01

【2】後身頃を中表(表側どうしを合わせるという意味)に合わせる。

20161028-02

【3】背中の中心を縫い代1cmで縫います。縫うのは、型紙の「開き止まり」までです。

20161028-03

【4】縫い代を割ってアイロンをかけます。

20161028-04

【5】前身頃と後身頃を、肩の部分で中表に合わせます。

20161029-01

【6】肩の部分を縫い代5mmで縫います。

20161030-01

【7】後身頃と前身頃を開いて、縫い代を後身頃側に倒してアイロンをかけます。

20161030-02

【8】エリ(表地)とエリ(裏地)を中表に合わせます。

20161030-03

【9】縫い代5mmで黄色線を縫います。型紙の出来上がり線(点線)を参考にチャコペンなどで印を付けてから縫うとやりやすいです。

20161030-04

【10】黄色線のように、縫い代のカーブかきつい部分を切り落とし、ミシン線に垂直に切り込みを入れます。このとき、ミシン線を切らないように注意してください。

20161030-05

【11】表に返してアイロンをかけます。このとき、V時の切れ込みのとがった部分が少し丸くなっていても大丈夫です。

20161030-06

【12】V時の切れ込み部分で表地側に半分に折ります(型紙の線を参考に)。

20161031-01

【13】縫い代2~3mmで黄色線を縫います。

20161031-02

【14】広げるとこのようになります。

20161031-03

20161031-04

【15】身頃の表が見えるようにして置き、その上にエリ(表地)が見えるようにしておきます。そして、エリの中心と後身頃の中心を合わせてクリップなどでとめます。

20161031-05

【16】エリのカーブに沿って、他の部分もとめます。

20161031-06

【17】縫い代3mmで黄色線を縫います。(これは仮止めですが、後でほどきません)

20161031-07

【18】見返しの背中の中心部分を中表に合わせます。

20161031-08

【19】縫い代5mmで黄色線を縫います。

20161031-09

【20】縫い代を割ってアイロンをかけます。

20161031-10

【21】エリの中心と見返しの中心を合わせます。このとき、見返しの表とエリが合わさるようにしてください。

20161031-11

【22】前身頃の方までクリップでとめます。

20161031-12

【23】黄色線を縫い代5mmで縫います。ただし、スソの部分の縫い代は1cmにしてください。型紙の出来上がり線(点線)を参考に、チャコペンなどで印をつけてから縫うとやりやすいです。

20161101-01

【24】黄色線のように、縫い代のカーブかきつい部分を切り落とし、ミシン線に垂直に切り込みを入れます。このとき、ミシン線を切らないように注意してください。

20161101-02

【25】見返しを表に返します。

20161101-03

【26】エリと身頃の間の、身頃の上を縫います。縫う位置は、エリから1~3mmです。

20161101-04

【27】そで口を裏側に1cm折ります。そして、ソデの肩部分に印をつけます(型紙の「肩」の位置を参考にしてください)

20161101-05

【28】黄色線を縫います。

20161101-06

【29】ソデと身頃を「肩」の部分で中表に合わせます。ソデは2枚ありますので左右のソデを間違えないように気を付けてください。型紙に書いてある「前身頃側」と「後身頃側」を参考にしてください。

20161102-01

【30】肩の部分をクリップなどでとめます。次に、ピンクの矢印どうし、黄緑の矢印どうしをとめることになります。

20161102-02

【31】クリップでとめるとこのようになります。

20161102-03

【32】クリップの間を細かくとめていきます。

※ 曲線どうしを合わせるのは少し難しいです。その場合は、布の切り口どうしを合わせるのではなく、内側に5mm入った縫い代どうしを合わせることを意識してみるとうまくいくと思います。

20161102-04

【33】先ほどとめたクリップの部分を縫い代5mmで縫います。

※ この工程がこのジャケット作りの一番の難所です。私はものすご~くゆっくりミシンで縫っていますが、ミシンが苦手な方は無理にミシンを使わずに手縫いで縫ってみてください。

20161102-05

【34】反対側のソデも同様にして縫ってください。

※ 布の裏表、や前身頃側・後身頃側に注意してください。工程【29】を参考に。

20161102-06

【35】前身頃と後身頃を中表に合わせ、ソデも中表に合わせます。そして、縫い代5mmで黄色線を縫います。反対側のソデも同様に縫ってください。

※ シェリーメイなどの細身の縫いぐるみに着せたい場合は、この脇の下の(身頃の)縫い代を多く(1cmぐらいに)するともう少し細身のジャケットになります。この工程で実際に縫いぐるみに着せて調節してみてください。

20161102-07

【36】スソを裏側に1cm折ります。

20161102-08

【37】黄色線を縫い代1~3mmぐらいで縫います。

20161102-09

【38】ボタンとスナップボタンを付けます。つける位置は型紙を参考に、実際に縫いぐるみに着せて調節してください。

※ 男性用は下の写真のように左前身頃が外側になりますが、女性用は逆で、右前身頃が外側になりますので注意してください。
※ ボタンホールをあける場合は、学ランの作り方を参考にしてください。

20161102-10

20161102-11

【39】【省略OK】そで口にボタンを付ける場合は、型紙を参考に位置を決めてください。

20161102-12

【40】【省略OK】フラップの作り方と付け方は、学ランの作り方の工程【29】~【31】を見てください。付ける位置は型紙や下の写真を参考に、実際に縫いぐるみに着せて調節してください。

20161102-13

これで出来上がりです。お疲れ様でした♪


お知らせ
作り方などの質問がある場合は、よくある質問をご覧になってから該当記事下のコメント欄へお願いします。また、型紙や作り方に間違いがあるときも、コメント欄から教えてください。

作品を販売して頂いて問題ありませんが、トラブルの無いようご自身の責任でお願いします。

出来上がった作品の写真をツイッターやインスタグラムに載せる際には、「@cotoro_net」をツイート(キャプション)内に入れていただけると私も拝見することができます。

ツイッターでは、みなさんの作品をたくさん紹介(リツイート)しています。是非フォローお願いします♪


↓早期割や限定プランで お得にディズニーリゾートへ♪新着情報をチェック!

関連記事
コメント一覧
  1. くま says:

    はじめまして!
    くまのがっこうのジャッキーのぬいぐるみのLサイズを持っているのですが
    何%に縮小コピーしたらいいでしょうか?

  2. ことろ says:

    初めまして、くまさん
    こちらの記事の下の方に縮小率の計算方法がありますので、計算してみてください(*^ ^*)
    「ダッフィー等☆縫いぐるみ・人形の型紙の互換性☆拡大倍率のまとめ」
    https://www.cotoro.net/archives/65579362.html

  3. めぐ says:

    こんばんは。
    いつも型紙を参考にさせて頂いております。
    プリンスキャットの衣装でQUARTET NIGHTLIVEFUTURE 2018の寿嶺二の衣装を作成したいのですが、こちらのジャケットを参考にダブルボタンのジャケットを作成した方が良いのでしょうか?
    またその際に襟の長さなどが変わってくるかと思いますが、
    どのように変更したらよいでしょうか?
    お忙しいかと思いますが、お返事いただければ幸いです。
    よろしくお願いします。

  4. ことろ says:

    こんにちは、めぐさん

    画像検索で拝見しました。茶色い髪のキャラが着ている衣装で、
    エリがジャケット、ボタンがダブル、スソがおそらく燕尾服風になっている紺色の衣装でよろしいでしょうか。
    おっしゃるとおり、このスリムジャケットを基にするのが早いと思います。

    正面からの座っているイラストしか見つからなかったのですが、
    後ろのスソが燕尾服になっているようにもみえます。
    後ろが燕尾服になっている場合は、「燕尾服」を基にしてもいいと思います。
    https://www.cotoro.net/archives/65582290.html

    ダブルへのアレンジ方法としては、まず、前身ごろをダブルになるようにアレンジします。
    次に、前身ごろに合わせてエリを変更します。最後に見返しを変更してみてください。

    エリをどのように変更したらいいかわからない場合は、まずはアレンジしていない型紙を印刷し、
    前身ごろの型紙の上にエリの型紙を合わせて(乗せて)みてください。
    前身ごろとエリのカーブが同じになっているのがわかると思います。(見返しも同様です)
    それから、アレンジした前身ごろの型紙に合わせてエリをアレンジしてみてください。

  5. つゆ says:

    はじめまして!
    「鏡の中のプリンセス」の「ルカ=サヴィーニ」というキャラの中世貴族?のような服を作成したいのですが、どの型紙を参考にしたらいいかアドバイスをお願いいただければと思います!
    また、洋服の装飾品もどのようなものを使ったらいいかアドバイスいただきたいです。
    よろしくお願い致します。

  6. ことろ says:

    はじめまして、つゆさん
     
    赤いジャケットに金の縁取りがある衣装でよろしいでしょうか。
    ジャケットは、縦エリなので「学ラン」を基にするのがいいと思います(*^ ^*)
    https://www.cotoro.net/archives/65659284.html
    スソを長くして、前身ごろの上の部分のあわせの幅を広くします。
    前身ごろの変更に合わせて、見返しの型紙も変更してください。
    見返しは、紺色のツタ模様?の布にしておくと、前身ごろのあわせを外に折り返した
    ときに外側から見えるようになります。
     
    金の縁取りは、サテンリボンか、サテン生地でバイアステープをつくて
    くるんで縫ってみてください。
    前身ごろのあわせの金色のひも?みたいなものは「江戸打ち紐(えどうちひも)」などが
    光沢があってよさそうです。ボタン部分はくるみボタン作成キット(ダイソーなどに売ってます)
    で、金のサテン生地をくるむと作れます。
     
    スカーフは、「アスコットタイ」でしょうか。結び方は、ネット検索してみてください。
    赤い宝石は、ネットで買う場合は楽天やアマゾンで「ストーン 赤」と検索すると
    見つかるかもしれません。
     
    インナーは、見えないので必要ないかもしれませんが作るのでしたら、簡単ワイシャツです。
    https://www.cotoro.net/archives/65778583.html
    ベストの金色の模様は、いい生地がなかったら布用のペンで手書きするのもアリです。
    https://www.cotoro.net/archives/65579704.html
    ズボンは、ロングパンツそのままか、少し細身にしてみてください。
    https://www.cotoro.net/archives/65581104.html
    ブーツは、こちらのショートブーツをロングにして合皮でつくってみてください。
    ロングパンツをインする場合は少し太めに作ったほうがいいと思います。
    https://www.cotoro.net/archives/65650307.html

  7. ピオーネ says:

    はじめまして。こんにちは。

    こちらの型紙や作り方を参考に、かえるのピクルスの服を作ってみました。
    分かりやすくて簡単に出来、とても良かったです!

    是非ブログに参照ページとして載せたいのですが、よろしいでしょうか?

  8. ことろ says:

    はじめまして、ピオーネさん
    お役に立てたようでうれしいです(*^ ^*)
    ブログでの紹介大歓迎です!
    私への連絡など必要ありませんので、どんどんお願いします。
    https://www.cotoro.net/archives/65619415.html

  9. たかちゃん says:

    はじめまして、
    こちらのジャケットを作ろうと思っておりますが、袖、襟、見ごろなと、どの順番で作ればよいでしょうか?
    とくに後ろの裾のしっぽを出す割れ目の作り方がわかりません
    襟の見返しというのは何の役目をしてるんでしょうか?
    質問が、わかりにくかったら、すみません
    ご回答宜しくお願い致します

  10. ことろ says:

    はじまして、たかちゃん
     
    スリムジャケットの作り方はご覧になっていただけたでしょうか?
     
    まだの場合は、型紙を掲載しているすぐ下に「作り方」が書いてありますので
    まずはそちらをご覧になってください。
     
    作り方を見てもわからない箇所がある場合は、
    作り方の工程番号と、どのようにわからないかを
    具体的におっしゃっていただけると、お答えしやすいです。

  11. たかちゃん says:

    ありがとうございます
    作り方がみつけました
    見落としておりまして、誠に申し訳ございません
    大変失礼致しました
    今作りかけておりますのでまた疑問が出てきたら宜しくお願い致します

  12. ごろり says:

    初めまして。いつもぬいばの衣装に使わせていただいています。素人ながら、今回、スリムジャケットの、袖のないもの(ベストの形)を作りたいのですが、その場合袖周りはどのように工夫すれば良いか、アドバイスがいただきたいです。
    (ベストの型紙も使わせていただいているのですが、襟の部分だけ、ベストの型紙に合わせる方が上手くいくでしょうか。)

  13. ことろ says:

    初めまして、ごろりさん
     
    ベストの裏地の付け方ですと襟が付けづらいと思いますので、
    おっしゃるとおりジャケットを基にされるのがいいかと思います(*^ ^*)
     
    袖を付けない場合の腕回り(肩回り?)で一番簡単なのは、
    裏側に5mmぐらい折り返して縫う方法です。
     
    他にも、こちらのTシャツの首回りのように
    https://www.cotoro.net/archives/t-shirt.html
    テープを使って縫う方法や、
     
    テープを使って見返しと同じように
    中表に縫って表に返す方法などもあります。
     
    ぬいばは小さいので細かい作業が難しいかもしれません。
    ほつれ止め液を付けて切りっぱなしにするという手もあります。

  14. ごろり says:

    ことろ様、アドバイスありがとうございます。いずれかの方法で、作ってみます。これからも型紙利用させて頂きます。ありがとうございました。

  15. animekomi says:

    前にも質問した気がしますが、何年もまえでしたので、再度すみません。 急ぎです。
    自作ぬいぐるみに着せるジャケットを作るのですが、採寸の際、中に服を着せてから採寸した方がいいのですか?
    「作り方☆「Tシャツ・トレーナー」Sサイズダッフィー等の縫いぐるみに」を見ながら半袖Tシャツや長袖を作ったので、その上からジャケットをきせます。

  16. ことろ says:

    animekomiさんへ
    型紙の縮小・拡大倍率を決めるための採寸ということでよろしいでしょうか。
    こちらに書いてあるSサイズダッフィーのサイズは、
    https://www.cotoro.net/archives/65579362.html
    服を着ていない状態でのサイズですので、
    自作された縫いぐるみも服を着ないで測る方が
    比較するのに(倍率を計算するのに)適しています。
     
    ただ、Tシャツぐらいの薄い服ですと
    服を着ていても着ていなくても
    だいたい同じくらいのサイズ(倍率)になると思います。

  17. るちあ says:

    はじめまして。
    こちらのジャケットを作ろうと思っているのですが、疑問点が2つあったので質問させていただきました。
    1つ目は、スリット(切れ目)をサイドベンツのタイプにしたいと思っております。初めて作るので型紙をどのようにアレンジすればいいかわからなくて悩んでます。アレンジする方法はありますか?
    2つ目は、自分の作りたいキャラクターのジャケットには裏地がついているため付けたいのですが、どのタイミングで付ければいいのというのはありますか?

    自分で調べても出てこなかったので、アドバイスや方法があれば教えていただけると幸いです。

    ちなみにイメージとしては、こちらのURLを検索していただければ、自分の作りたい形が出てきます。https://images.app.goo.gl/UMS6V8z7vFp2oA8E9

  18. ことろ says:

    はじめまして、るちあさん
     
    <1つ目の回答>
    このスリムジャケットは作り方の通りに作ると背中の中心の下部分に「開き(センターベンツ)」ができます。
    それと同じものをサイドに付ける場合は、まず、前身頃と後身頃の型紙のサイド(脇の下からスソ部分)の縫い代を5mm⇒1cmに変更して「開き止まり」位置を決めます。
    そして、わきの下を縫うとき(工程【35】)に、背中の中心を縫う(工程【3】)のと同じように、開きどまりまで縫って、スソを縫うときに縫い代を開いて工程【36】~【37】のように開きを縫ってください。
     
    <2つ目の回答>
    裏側に赤い裏地を付けたいということですね。
    裏地(っぽいもの)を付けるのに一番簡単な方法は、工程【1】で布をカットするときに、前身頃や後身頃と同じ形に裏地を切り、表地と裏地を重ねてその後の工程を作っていく方法です。
    裏側から見ると縫い目(縫い代)が見えてしまいますが、表側から裏地がチラ見えしたぐらいだと目立たないと思います。
     
    もし、人間の洋服のようにきれいで完璧な裏地を付けたい場合は、人間の服の作り方の通りに作成してみてください。(私の型紙は簡単に作れるように、人間の服とは形や作り方の手順が異なります)
    ネット検索で「ジャケット 裏地 付け方」などをキーワードに検索されると参考になるサイトさんが見つかると思います。
    あまりお役に立てず申し訳ありません。

  19. るちあ says:

    なるほど!そのような方法があるんですね!
    その方法で練習しようと思います。
    人間用のを探すという手は思いつきませんでした。
    さっそく探してみます!
    すごく参考になりました!本当にありがとうございました!

Leave a Reply

CAPTCHA


ツイッターで最新情報やみなさまの作品紹介をしています