無料型紙ダウンロード

スカート以外は実物大の型紙です。「余白なし(余白ゼロ)」の設定で、A4用紙に印刷して使ってください。型紙の黒実線が布を切るラインです。点線は、縫い代もしくは出来上がり線です。「わ」と書いてあるところは、布を2つに折り、折った部分を「わ」に重ねて2枚の布を一緒に切ります。うまく実物大に印刷できない場合はこちらをご覧ください。また、印刷する環境がない場合は1cm方眼紙を用意し、型紙画像のマス目(1cm幅)を頼りに手書きで写してみてください。

PDFでダウンロードする場合はこちらをクリック

下記画像をクリックして、画像(JPG)でダウンロードもできます。

※スカートの型紙は指定されたサイズの長方形に直接布を切ってください(縫い代は含まれています)。

お約束

型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。詳細は利用規約をご覧ください。

縫い方のコツ

返し縫いなど、端の方が縫いにくいことがあります。その時は、紙を下に敷いてミシンで一緒に縫うと縫いやすくなります。縫った後に、紙を破って取り外します。

作り方

布を切る

【1】布を切ります。そして、ほつれ止めをする場合は青線の部分にします(ほつれ止め液がおすすめです)。私は、青線の部分以外にもすべての切り口にほつれ止め液を付けました。

また、各パーツの中心やフリル付け位置にしるしを付けておいてください(黄色矢印)。

肩テープは、肩位置にしるしと「後身頃側」「前身頃側」がどちらかわかるようにもしるしを付けてください。

スカートは型紙に指定されたサイズに直接布を切ります。型紙のサイズに縫い代は含まれています。

身頃をつなげる

【2】【前身頃に飾りを付ける場合のみ行う】トーションレースを前身頃の真ん中に置いて、左右を縫います。トーションレースと同じ色の糸を使うと目立ちません。

【3】後身頃と前身頃の肩部分を中表に合わせます。表側同士を合わせるという意味です。

【4】肩部分を縫い代5mmで縫います。

【5】先ほど縫った縫い代を開きます。

肩フリルを付ける(省略OK)

【6】【肩フリルを付ける場合のみ行う】肩フリルの直線部分を裏側に5mm折ります。

【7】【肩フリルを付ける場合のみ行う】もう片方の肩フリルも同じように折ります。

【8】【肩フリルを付ける場合のみ行う】折った部分を青線のように縫ってとめます。

これから、肩フリルにギャザーを寄せますが、ここでは、手縫いでギャザーを寄せる方法を紹介します。ミシンでギャザーを寄せたい場合は工程【30】~を参考にしてください。

【9】【肩フリルを付ける場合のみ行う】先ほど折って縫ったのと反対側の曲線部分を縫い代3mmぐらい(端から3mmぐらいの位置)で荒いなみ縫いをします。縫い終わりは玉止めをしないで、針に糸を付けたままにしておきます。

【10】【肩フリルを付ける場合のみ行う】糸を引っ張って、なみ縫いをした部分を縮めるとギャザーが寄ります。

【11】【肩フリルを付ける場合のみ行う】身頃は表を上にして(見えるようにして)置き、肩フリルは裏を上にして置きます。そして、身頃の「フリル付け位置(型紙に書いてあります)」と肩フリルの端の位置(黄色矢印)の位置を確認します。

【12】【肩フリルを付ける場合のみ行う】先ほど確認した、肩フリルの端と、フリル付け位置を合わせてクリップなどでとめます。

【13】【肩フリルを付ける場合のみ行う】肩フリルの縫った糸を引っ張ったりゆるめたりして、身頃のカーブの長さに合わせ、クリップなどでさらにとめます。そのあと、玉止めをして糸を切ってください。

【14】【肩フリルを付ける場合のみ行う】青線を縫い代3mmぐらいで縫います。肩フリルが均一になるように目打ちなどでギャザーを整えながら縫うとやりやすいです。これは仮止めですが、後でほどきません。

【15】【肩フリルを付ける場合のみ行う】反対側の肩フリルも同じように身頃に縫い付けます。

これで、肩フリルが付きました。

肩テープを付ける

【16】肩テープと身頃を中表にあわせます(表地同士をあわせる)。肩テープには「前身頃側」と「後身頃側」がありますので注意してください(型紙に書いてあります)。

※肩フリルを付けた場合は、身頃と肩テープで肩フリルをはさむ形になります。

【17】青線を縫い代5mmで縫います。

【18】先ほど縫ったミシン線に垂直に切り込みを入れます。このとき、ミシン線を切ってしまわないように注意してください。

※このように切り込みを入れておくと次の工程で表に返したときに布が引きつれにくいです。

【19】肩テープを表に返します。

【20】【省略OK】青線を縫い代3mmぐらいで縫って肩テープをとめます。

※肩テープを表に返したときに元に戻ろうとしなければ、ここを縫わなくてもOKです。

【21】両方の肩テープの上を縫うとこのようになります。

首テープを付ける

【22】肩テープと同じように首テープと身頃も中表に合わせます。最初に、前身頃と首テープの中心同士やカドをクリップで止め、

【23】その次に、そのクリップの間をとめるときれいにとまります。

【24】縫い代5mmで青線を縫います。

【25】ミシン線のカドの部分を切り落とし、カーブにミシン線に垂直に切り込みを入れます。このとき、ミシン線を切ってしまわないように注意してください。

【26】首テープを表に返します。

【27】【省略OK】青線を縫い代3mmぐらいで縫って首テープをとめます。

※首テープを表に返したときに元に戻ろうとしなければ、ここを縫わなくてもOKです。

後身頃を合わせる

【28】後身頃同士を約1.5cm重ねます。

【29】重ねたところの下部分(ウエスト部分)を縫い代5mmぐらい(布の端から5mmぐらいの位置)で縫います。これは仮止めですが後でほどきません。

作り方の続きは、次のページになります。


お知らせ
作り方などの質問がある場合は、よくある質問をご覧になってから該当記事下のコメント欄へお願いします。また、型紙や作り方に間違いがあるときも、コメント欄から教えてください。

作品をメルカリ・ヤフオク・ミンネ等で販売して頂いて(私の著作権上)問題ありません。(他の方の著作権や、販売サイトの規約など)トラブルの無いようご自身の責任でお願いします。詳しくは利用規約をご覧ください。

出来上がった作品の写真をツイッターやインスタグラムに載せる際には、「@cotoro_net」をツイート(キャプション)内に入れていただけると私も拝見することができます。

ツイッターでは、みなさんの作品をたくさん紹介(リツイート)しています。是非フォローお願いします♪


↓早期割や限定プランで お得にディズニーリゾートへ♪新着情報をチェック!

↓楽天カードでさらにお得に
関連記事
コメント一覧
  1. ランチ says:

    かわいい型紙いつもありがとうございます。
    さっそく作ってみます。

    些細なことですが、肩テープの型紙に肩フリルと記載されているのが気になりました。

  2. ことろ says:

    ランチさんへ
    ご指摘大変ありがとうございます。
    先ほど修正しました。
    また、作っていく過程で何か気づいたことが
    ありましたら是非教えてください。
    助かります。

  3. はるはる says:

    こんにちは。
    質問なのですが、縮小85%(ステラ・ルー用)にした時のスカートのサイズは41cm × 17cmのままで良いのでしょうか?

  4. ことろ says:

    こんにちは、はるはるさん
     
    身頃などは縮小して、スカートだけ縮小せずに
    41cm × 17cmで作った場合は、
    ギャザーがたくさん寄った長めスカートの
    ジャンパースカートが出来上がります。
     
    スカートも同じように85%に縮小する場合は、
    それぞれの数値に0.85を掛けて
    41cm×0.85=約35cm、17cm×0.85=約14cm と計算します。
    35cm×14cmのスカートにすれば、身頃などと同じ縮尺になり、
    縮小前と同じバランスのジャンパースカートが出来上がります。
     
    どちらのサイズのスカートにするかは、
    お好みで選んでください(*^ ^*)

  5. メイさんママ says:

    こんにちは。いつも可愛いい型紙をありがとうございます。
    質問です。ジャンパースカートのスカート部分をことろさんのプリーツスカートの型紙で作りたいのです。山折り、谷折りの寸法を教えていただけないでしょうか?同じSサイズのシェリーメイ用に作りたいです。よろしくお願いいたします。

  6. ことろ says:

     
    ジャンパースカートにつなげる場合、プリーツスカートのスソ部分の山折り谷折りの寸法は変更せず、ウエスト部分だけ山折り谷折りの寸法を変更する必要があります(*^ ^*)
    このサイトで公開しているプリーツスカートは、そのウエスト部分の折る分量を気にせず簡単に作るためにウエストゴムになっています。
    なので、ジャンパースカートにつなげる場合はちょっと難しくなります。
     
    測ってみたところ、ジャンパースカートのウエスト周り(出来上がり寸法)は約40cm、プリーツスカートのウエスト周り(ゴムを入れていない出来上がり寸法)は、約50cmになります。
    差が10cmでプリーツスカートのヒダの数は16本ですから、10cm÷16本=0.6cmと計算して、ヒダ1本あたり0.6cmぐらい縮める(折る量を増やす)とよさそうです。
     
    まず、ジャンパースカートの上半身だけを作成(わきの下も縫い合わせた状態)にします。
    そして、プリーツスカートを作り方の通りに工程【10】まで作って(円形に縫い合わされてウエストベストを付けたいない状態)、ウエスト部分だけヒダ1本あたり0.6cmぐらいずつ折る量を増やして、ジャンパースカートのウエストの長さに合わせます。

    円形になった上半身とスカートをつなげる方法は、
    ヴィクトリアンドレスを参考にしてください。
    https://www.cotoro.net/archives/65585273.html

    ネット検索で「プリーツスカート 作り方」などをキーサードに検索すると折り方の参考になると思います。
    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%80%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9

    色々と説明してしまいましたが、私はこれらを実際に試したことがないため、正確かどうかはわかりません。
    作成する上でのヒント程度にとらえていただければ幸いです。

  7. メイさんママ says:

    とても詳しくありがとうございます。
    ヴィクトリアンドレスも拝見させていただき、プリーツスカート作り方も検索してトライしてみたいと思います。

Leave a Reply

CAPTCHA


ツイッターで最新情報やみなさまの作品紹介をしています