早期割や限定プランで お得に東京ディズニーリゾートへ♪



無料型紙ダウンロード

「スソ(大)」以外は実物大の型紙です。「余白なし(余白ゼロ)」の設定で、A4用紙に印刷して使ってください。(画像をクリックすると大きい画像が表示されます)。うまく実寸大に印刷できない場合はこちらをご覧ください。スソ(大)は、指定されたサイズに布を長方形に切ってください。

型紙の黒実線が布を切るラインです。点線は、縫い代もしくは出来上がり線です。「わ」と書いてあるところは、布を2つに折り、折った部分を「わ」に重ねて2枚の布を一緒に切ります。

2017/10/28追記:エリの型紙を載せ忘れていたので、型紙Cに追加しました。
スタジャン型紙A

スタジャン型紙B

スタジャン型紙C

 

お約束

型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。
詳細はこちら。

作り方

【1】布を切ります。そして、ほつれ止めをする場合は黄色線の部分にします。私が今回使った生地はほつれにくかったため、ほつれ止めはしませんでした。

※ 縫いぐるみの服は小さくてカーブがきついため、ロックミシンや家庭用ミシンのジグザグ縫いでのほつれ止めはやりづらいです。ほつれ止め液(ほつれ止め液「ピケ」など)がお勧めです。

20171010-01

20171010-02

20171010-03

【2】見返しの背中の中心部分を中表(表地同士を合わせる)に合わせます。

20171010-04

【3】縫い代5mmで黄色線を縫います。

20171010-05

【4】縫い代を割ってアイロンをかけます。

20171010-06

【5】袖口の布を外表(外側が表地になるように)折ります。折る向きは、布がより細長くなる向きです。

そして、ソデの表と「袖口の表側になる面」が合わさるように(中表という意味)置いきます。そして端を合わせて一か所クリップ等でとめます。

20171013-01

【6】反対側の端もクリップでとめます。ソデよりも袖口の布のほうが短いので、袖口の布が少し浮いた感じになります。

20171013-02

【7】袖口の布を引っ張って、ソデの長さと同じにしてから、クリップの間を何か所かとめます。

※ 私は袖口の布にリブニット生地(伸びやすい生地)を使っています。伸びにくい生地を使った場合は、ソデの方にギャザーを寄せて袖口と同じ長さにしてからクリップでとめてください。

20171013-03

【8】黄色線を縫い代5mmで縫います。

※ 袖口の方がソデよりも短いので、縫った後に布が平らにならずに少し立体的になります。

20171013-04

【9】縫い代をソデ側に倒します。

20171013-05

【10】前身頃と後身頃を、肩の部分で中表に合わせます。

20171016-01

【11】肩の部分を縫い代5mmで縫います。

20171016-08

【12】後身頃と前身頃を開いて、縫い代を開いてアイロンをかけます。

20171016-02

【13】エリを外表(表が外になるように)縦半分(より細長くなるように)折り、エリの中心の黄色矢印の位置に印をつけます。そして、後身頃の中心の黄色矢印の位置にも印をつけます。

そして、後身頃の表と、エリの表側が合わさるように置きます(中表にするという意味です)。このとき、エリの「わ」になっているのが画面の上方向になるようにします。

20171016-03

【14】先ほど付けた、印同士をクリップ等でとめます。その後、前身頃の端から1.5cmの位置に印を付けます。また、エリの端の位置を確認します。

20171016-04

【15】先ほどのエリの端と、前身頃の印を合わせてクリップでとめます。

20171016-05

【16】クリップの間を細かくとめていきます。

20171016-06

【17】縫い代約3mmで縫います。(これは仮止めですが、後でほどきません)

20171016-07

【18】見返しの縫い目部分(背中の中心)と、エリの中心の位置を確認します。そして、見返しの裏と後身頃の表が見えるように置きます。

20171017-01

【19】先ほど確認した位置で合わせてクリップでとめます(黄色丸)。次に、前身頃のカドと見返しのカドを合わせて止めます(ピンク丸)。

20171017-02

【20】クリップの間を細かくとめていきます。

20171017-03

【21】見返しを縫い代5mmで縫います。

20171017-04

【22】先ほど縫った縫い代のカドを切り落とします。また、首回り部分にはミシン線に垂直に切り込みを入れます。このとき、ミシン線を切らないように注意してください。

20171017-05

【23】見返しを表に返してカドを整えます。このとき、布が裏返しに戻ろうとする力が強い場合は、アイロンをかけるか、クリップで止めておきます。

20171017-06

続きは、Part2をご覧ください。

お知らせ
作り方などの質問がある場合は、よくある質問をご覧になってから該当記事下のコメント欄へお願いします。また、型紙や作り方に間違いがあるときも、コメント欄から教えてください。

作品をメルカリヤフオクなどで販売して頂いて問題ありませんが、トラブルの無いようご自身の責任でお願いします。
出来上がった作品の写真をツイッターやインスタグラムに載せる際には、「@cotoro_net」をツイート(キャプション)内に入れていただけると私も拝見することができます。

ツイッターでは、みなさんの作品をたくさん紹介(リツイート)しています。是非フォローお願いします♪

関連記事
コメント一覧
  1. なっつ says:

    いつもお世話になっております。
    こちらの型紙をダウンロードさせていただいたのですが、「エリ」の実物大型紙が掲載されていないようなので…
    勘違いでしたらすみません、、、お忙しいところ申し訳ありませんがご確認よろしくお願い致します!

  2. ことろ says:

    なっつさんへ
    ご指摘、大変ありがとうございます!
    すっかり載せるのを忘れていました。申し訳ありません。
    先ほど、型紙Cにエリを追加しましたので、お使いください。

  3. なっつ says:

    型紙を追加いただき、ありがとうございました!
    作成中に見つけてしまったのですが、後ろ身頃の型紙の枠内の記載が「左右対称に1枚ずつ」となっています。。
    度々のコメントになり申し訳ありません!

  4. ことろ says:

    なっつさんへ
    大変ありがとうございます。助かります!
    早速修正しました。
    ほかにもお気づきのことがありましたら是非教えてください(*^ ^*)

  5. ゆう says:

    18~ですが、表でなく、裏だと思います。。

  6. ことろ says:

    ゆうさんへ
    ご指摘ありがとうございます。
    スタジャンの作り方の工程【18】の文章中と写真で、「後身頃の表」という部分が
    「後身頃の裏」ではないかというご指摘でよろしでしょうか。
    ここは、身頃と見返しを中表に合わせたいので、写真で見えている部分は、
    「後身頃の表」と「見返しの裏」で問題ないように思いますが、
    もう少し詳しくお願いします。
    また、他の個所のご指摘の場合はお手数ですがもう一度詳しくお願いします。

Leave a Reply

CAPTCHA