早期割や限定プランで お得に東京ディズニーリゾートへ♪


この記事は、Part 2です。Part 1をご覧になっていない方は、Part 1からお願いします。

20171026-02


作り方(つづき)

【24】ソデの肩部分に印をつけます(型紙の「肩」の位置を参考にしてください)。また、前見頃と後見頃の縫い合わせ部分(肩の位置)を確認してください。そして、ソデの裏と見頃の表が見えるように置きます。

※ ソデは2枚ありますので左右のソデを間違えないように気を付けてください。型紙に赤字で書いてある「前見頃」と「後見頃」の文字を参考にしてください。

20171017-07

【25】先ほど確認した黄色印同士を重ねてクリップでとめます(中表に合わせるという意味です)。そして、ソデの端と後見頃前見頃の端の位置を確認します(水色矢印とピンク矢印)

20171017-08

【26】先ほど確認した水色矢印同士、ピンク矢印同士を重ねてクリップでとめます。

20171017-09

【27】クリップの間を細かくとめていきます。

20171017-10

【28】先ほどとめたクリップの部分を縫い代5mmで縫います。

※ この工程が一番の難所です。私はものすご~くゆっくりミシンで縫っていますが、ミシンが苦手な方は無理にミシンを使わずに手縫いで縫ってみてください。

20171017-11

【29】反対側のソデも同様にして縫い合わせてください。

※ 布の裏表や、ソデの前見頃側・後見頃側に注意してください。

20171017-12

【30】前身頃と後身頃を中表に合わせ、ソデも中表に合わせてクリップでとめます。

20171017-13

【31】縫い代5mmで黄色線を縫います。

※ シェリーメイなどの細身の縫いぐるみに着せたい場合は、この脇の下の(見頃の)縫い代を多く(1cmぐらいに)すると少し細身のシャツになります。この工程で実際に縫いぐるみに着せて調節してみてください。

20171017-14

【32】反対側のソデも同様に縫ってください。

20171017-15

【33】スソ(大)の端にスソ(小)を中表に合わせます。

20171018-01

【34】端を縫い代5mmで縫います。

20171018-02

【35】反対側にもスソ(小)を縫い付け、縫い代を開いてアイロンをかけます。

20171018-03

【36】細長くなるように中表に折ります。そして、スソ(小)の端を縫い代5mmで縫います。

20171018-04

【37】「わ」になっている方の縫い代のカドを少し切り落とします。このとき、ミシン線を切らないように注意してください。反対側も同様に縫って、縫い代を少し切り落とします。

20171018-05

【38】表に返します。カドはヘラや目打ちなどで整えてください。

20171018-06

【39】これで、スソ(大)とスソ(小)がつながりました。

20171018-07

【40】後見頃の中心と、スソ(大+小)の中心に印を付けます。そして、後見頃の表と、スソの裏側になる面が見えすように置きます。

※ スソは「わ」になっていない方に印を付けます。
※ 見頃よりもスソの布のほうが短くなっています。

20171018-08

【41】先ほど付けた印同士を合わせてクリップなどで留めます(中表に合わせて止めるという意味です)。

20171018-09

【42】スソ(小)のカドと前見頃のカド(前見頃と見返しが縫い合わさった部分のカド)を確認します。

20171018-10

【43】先ほど確認したカド同士をクリップでとめます。

※ 見頃よりもスソの布のほうが短いので、スソの布が少し浮いた感じになります。

20171018-11

【44】同様にして、反対側のカドもクリップでとめます。これで、3か所とまりました。

※ 見頃よりもスソの布のほうが短いので、スソの布が少し浮いた感じになります。

20171018-12

【45】袖口のときと同じ要領で、スソを引っ張りながらクリップで間をとめます。

※ 私はスソの布にリブニット生地(伸びやすい生地)を使っています。伸びにくい生地を使った場合は、見頃の方にギャザーを寄せてスソと同じ長さにしてからクリップでとめてください。

20171018-13

【46】縫い代5mmで黄色線を縫います。

20171018-14

【47】縫い代を見頃側に倒します。

20171019-01

【48】黄色線を縫ってステッチをかけます。黄色線は、先ほど縫った縫い代部分(見頃の端部分)で、スソの布から2~3mmぐらいの位置です。

20171019-02

【49】黄色線を縫ってステッチをかけます。黄色線は、「スソ(小)の端」~「前見頃の端」~「エリと見頃の間の見頃側」~「前見頃の端」~「スソ(小)の端」の順になっています。位置は、端から2~3mmぐらいです。

裏から見ると、見返しとスソ(小)の上を縫っているのがわかります。

20171019-03

【50】縫いぐるみに着せてボタンを付ける位置を決めます。

20171019-04

【51】ボタンをつける位置は型紙を参考に、実際に縫いぐるみに着せて調節してください。私は、写真のような位置に付けることにしました。左右とも同じです。

20171019-05

【52】今回は直径13mmのプラスナップを4組付けていますが、アメリカンホックをつけたり、普通のボタンでもかわいいと思います。

※ プラスナップを付けるには、専用の器具「ハンディプレス」が必要です。
※ 男性用は左前見頃が外側になるようにボタンを付けますが、女性用は逆で、右前見頃が外側になりますので注意してください。
※ 縫い付けるタイプのスナップボタンで開閉して、飾りにボタンを付ける方法もあります。ジャケットの作り方を参考にしてください。

20171019-06

【53】【ポケットを付ける場合のみ行う】ポケットの布の裏側にボンドを付けます。

※ 服を洗濯したい場合は、洗濯に対応したボンドをお使いください。私は洗濯するつもりがないので、木工用ボンドを使っています。

20171019-07

【54】【ポケットを付ける場合のみ行う】両端5mm折って、貼り付けます。

20171019-08

【55】【ポケットを付ける場合のみ行う】端にボンドを付けます。

20171019-09

【56】【ポケットを付ける場合のみ行う】5mm折って、貼り付けます。

20171019-10

【57】【ポケットを付ける場合のみ行う】ボンドがしっかりと付くように、クリップなどで挟んでしばらく待ちます。

20171019-11

【58】【ポケットを付ける場合のみ行う】型紙や写真の数値を参考にしながら、実際にバランスを見てポケットの位置を決めます。私は写真のような位置につけました。左右とも同じです。

20171020-01

【59】【ポケットを付ける場合のみ行う】ピンク線の部分を手縫い(まつり縫いなど)で縫います。

20171020-02

これで出来上がりです。お疲れ様でした♪

お知らせ
作り方などの質問がある場合は、よくある質問をご覧になってから該当記事のコメント欄へお願いします。また、型紙や作り方に間違いがあるときも、コメント欄から教えてください。

作品をminneメルカリヤフオクなどで販売して頂いて問題ありませんが、トラブルの無いようご自身の責任でお願いします。
作品の写真をツイッターに載せる場合は、「@cotoro_net」をツイート内に入れていただけると私も作品写真を拝見することができます。

ツイッターでは、みなさんの作品をたくさん紹介(リツイート)しています。是非フォローお願いします♪

関連記事
コメント一覧
  1. はるこ says:

    いつも利用させて頂いてます。ステラルーのサイズで作る場合はどれくらい縮小したら良いですか?

  2. ことろ says:

    はるこさんへ
    Sサイズダッフィー用の型紙をステラルーサイズにするには、
    約85%に縮小します。
    おおよその数値ですので、縮小してから調節してみてください(*^ ^*)
    詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
    「ダッフィー等☆縫いぐるみ・人形の型紙の互換性☆拡大倍率のまとめ」
    https://www.cotoro.net/archives/65579362.html

  3. ゆーり says:

    こんにちは。急にコメントし、申し訳ございません。Mサイズダッフィーでチャレンジしたく思っております。倍率は何にしたらよろしいでしょうか。

  4. ことろ says:

    こんにちは、ゆーりさん
    Sサイズダッフィーの型紙をからMサイズダッフィーにするときの倍率は、
    約165%です(*^ ^*)
    詳しくはこちらをご覧ください。
    「ダッフィー等☆縫いぐるみ・人形の型紙の互換性☆拡大倍率のまとめ」
    https://www.cotoro.net/archives/65579362.html

Leave a Reply

CAPTCHA