無料型紙ダウンロード

エリ以外は実寸大の型紙です。「余白なし(余白ゼロ)」の設定で、A4用紙に印刷して使ってください。うまく実寸大に印刷できない場合はこちらをご覧ください
「わ」と書いてあるところは、布を2つに折り、折った部分を「わ」に重ねて2枚の布を一緒に切ります。型紙の実線が布を切るラインです。点線は、縫い代もしくは出来上がり線です。

<PDFでダウンロードする場合はこちらをクリック>

下記画像をクリックして、画像(JPG)でダウンロードもできます。

Tシャツ型紙A

Tシャツ型紙B

※エリの型紙は実物大ではありませんので、指定されたサイズの長方形に直接布を切ってください。縫い代は含まれています。

お約束

型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。
詳細はこちら。

家庭用ミシンでニット生地を縫うときのコツ

ニット生地(Tシャツ生地)を縫うと、ビロビロ~ンと伸びてしまったり、布が針板の穴に入り込んで動かなくなってしまったりしませんか? うちの家庭用ミシンはこれらがよくあります。このTシャツの無料レシピは背中で全開できるのでニット生地以外を使っても着せられますが、ニット生地の方がよりTシャツっぽくていいですよね。

家庭用ミシンでニット生地に縫うのにはコツがあるようです。まずは、「家庭用ミシン ニット生地 コツ」でネット検索してみてください。いろいろなコツが紹介されています。

私が調べてみたところ、

  • ニット用の針と糸を使う
  • テフロン押さえ(スムース押さえ・レザー押さえ)を使う
  • 押さえの圧を弱めにする
  • 押さえと布の間で、押さえの左半分に「ベルト芯 or 紙 or 紙やすり」を挟んで縫う

などのコツがあるようです。

私がニット生地を縫うときのコツも紹介させていただくと、

  • なるべく厚手のニット生地を使う。薄いと縫いづらいです。
  • 縫うときに布を手前に引っ張らないで、布を奥に押すようにする。伸びにくくなります。
  • 布の切り口にほつれ止め液を塗る。切り口が固く伸びにくくなるので縫いやすくなります。
  • 縫い代を多めにする。(このTシャツの型紙は縫い代5mmにしていますが、1cmにするともっと縫いやすくなります)

色々と試してみてください。

作り方

【1】布を切ります。ほつれ止めをする場合はすべての切り口にします(縫いぐるみの服なのでほつれ止めを全くしないという考えもアリです)。オススメはほつれ止め液ですが、ロックミシンや家庭用ミシンのジグザグ縫いでもいいですね。

20130823-08

【2】前身頃とソデを中表に合わせます(表地同士を合わせるという意味です)。ソデの後身頃と前身頃位置を間違えないでください(型紙に書いてあります)。
曲線同士を上手に合わせるには、
(1)両端をマチ針やクリップでとめます。
(2)中間をとめます。
そして、
(3)赤線を縫い代5mmで縫ってください。

反対側のソデも同じように縫います。

20130823-09

【3】後身頃をとソデを中表に合わせて(表地同士を合わせるという意味です)、縫い代5mmで縫います。曲線と直線を合わせることになりますが、前の工程【2】のように最初に両端を合わせるとやりやすいです。

※ このとき合わせる部分は、型紙に書いてあります。「後身頃」の型紙に書いてある「ソデ」の部分と、「ソデ」の型紙に書いてある「後身頃」の部分を合わせることになります。

20130823-10

【4】布を広げると、このようになっています。縫い代はソデ側・身頃側どちらに倒してもOKです。お好みで縫い代の上にステッチをかけてもいいですね。

20130823-11

【5】エリを外表に半分に折ります。そして中心に印を付けます(写真の赤矢印)。

20130823-12

【6】エリを「身頃とソデ」の表に乗せてクリップでとめるのですが、このとき、エリの「わ」になっていない方を「身頃とソデ」の端に合わせます。クリップは、まずエリの中心と前身頃の中心を合わせてとめてください。そして、次にエリの端と後ろ身頃の端を合わせてとめます。

20130823-13

【7】クリップの間を、さらに均等になるようにとめます。

20130823-14

【8】縫い代5mmで縫います。

20130823-15

【9】【省略OK】縫い代をエリ側に倒して、エリの上を縫います。

※ 縫い代を逆側(身頃・エリ側)に倒したり、縫い代を開いてもOKです。

20130823-16

【10】そで口を裏側に1.5cm折って、赤線を縫います。

※ ソデに飾りをつけたい場合はこの段階で付けるとやりやすいです。

20130824-01

【11】前身頃と後身頃を中表に合わせ、ソデも中表に合わせます。そして、縫い代5mmで赤線を縫います。

20130824-02

【12】スソを裏側に1.5cm折って、赤線を縫います。

20130824-03

【13】後身頃の端を裏側に1.5cm折って赤線を縫います。反対側の後身頃も同様にして縫います。

20130824-04

【14】後身頃の表と、反対側の後ろ身頃の裏にスナップボタンを付けます。写真では2組のスナップボタンを付けていますが、3~4組ぐらい付けたほうが着せたときに綺麗です。

20130824-05

これで出来上がりです。お疲れ様でした。

【おまけ】お好みでアップリケやレースを付けて、オリジナルTシャツにしてみてください♪

20130823-06

お知らせ
作り方などの質問がある場合は、よくある質問をご覧になってから該当記事下のコメント欄へお願いします。また、型紙や作り方に間違いがあるときも、コメント欄から教えてください。

作品を販売して頂いて問題ありませんが、トラブルの無いようご自身の責任でお願いします。

出来上がった作品の写真をツイッターやインスタグラムに載せる際には、「@cotoro_net」をツイート(キャプション)内に入れていただけると私も拝見することができます。

ツイッターでは、みなさんの作品をたくさん紹介(リツイート)しています。是非フォローお願いします♪

関連記事
コメント一覧
  1. ことろ says:

    こんにちは、madelineさん
    私はステラ・ルーの縫いぐるみバッジを持っていないので正確なことは言えないのですが、
    ネットで写真を検索してみる限り、ダッフィーの縫いぐるみバッジと同じ大きさか
    それよりも少しだけ小さい感じがします。
     
    Sサイズダッフィーの型紙を、ダッフィーの縫いぐるみバッジサイズにするときの
    縮小倍率は、約35%です。
    https://www.cotoro.net/archives/65579362.html
     
    そこから考えると、ステラ・ルーの縫いぐるみバッジは30~35%ぐらいにすると
    よろしのではないかと思います(*^ ^*)

Leave a Reply

CAPTCHA


ツイッターで最新情報やみなさまの作品紹介をしています