早期割や限定プランで お得にディズニーリゾートへ♪

香港上海フロリダアナハイムハワイパリ

娘と一緒に夏休みの工作にドライフラワーリースを作ってみました。

今回使ったのは、Coppe Craft Workshopさんのドライフラワーリース作成キットの「ホワイト系」です。

以前作ったバーバリウムのキットと同じショップさんです。


完成写真

大きさは、輪の中にシェリーメイの縫いぐるみストラップがすっぽり入るくらいです。お花のベッドに寝ているみたいですね。

ラベンダーが入っているので、とってもいい香りです。

壁にかけてもいいですが、ミニチェアに飾ってもかわいいですね。

ほどんど小学生の娘が作成して、私は少しアドバイスしただけです。意外と簡単に素敵なリースが作れました。ナチュラルな感じがとっても素敵です。

作成過程

付属の説明書どおり作っていますが、工夫したところやああすればよかったポイントも載せておきます。作っているのは、ほとんど小学生の娘です。

キットの中身は、リースベース、スパニッシュモス、ワイヤー、お花、葉っぱ、作り方説明書です。

まずは、リースベースにスパニッシュモスを乗せます。

リースの背面にはモスを付けないで、見える部分(前面)だけに乗せてみました。

付属のワイヤーでぐるぐる巻きに。

ワイヤーは2周ぐらい巻くときれいに付けられそうです。

次は、お花です。

とりあえず、バランスを考えてモスの上に置いてみました。

ボンドを使うので下に紙を敷きます(これはA3コピー用紙です)。お花は、降ろしておきます。

ボンドを使って、大きいお花から付けていきました。長い茎はハサミでカットすると付けやすかったです。

今回使ったのは、速乾性の木工用ボンドです。グルーガンよりも完全に接着するまで時間がかかりますが、子供にはボンドの方が扱いやすいですし、後から手直しもできるのでおすすめです。

小さいお花も全部付けました。

ボンドを使うときは、ウェットティッシュで手を拭きながらするとやりやすいです。

最後に、葉っぱをボンドで付けます。

葉っぱを付けたら、ボンドが乾く前にお花や葉っぱの位置を少し調節します。

1日ぐらいボンドを乾かして出来上がりです。

小学生でも親のアドバイスがあれば、いい感じに作ることができました。

お知らせ
作り方などの質問がある場合は、よくある質問をご覧になってから該当記事下のコメント欄へお願いします。また、型紙や作り方に間違いがあるときも、コメント欄から教えてください。

作品をヤフオクなどで販売して頂いて問題ありませんが、トラブルの無いようご自身の責任でお願いします。
出来上がった作品の写真をツイッターやインスタグラムに載せる際には、「@cotoro_net」をツイート(キャプション)内に入れていただけると私も拝見することができます。

ツイッターでは、みなさんの作品をたくさん紹介(リツイート)しています。是非フォローお願いします♪

関連記事
Leave a Reply

CAPTCHA