早期割や限定プランで お得に東京ディズニーリゾートへ♪



無料型紙ダウンロード

今回は、型紙はありません。

 

お約束

型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。
詳細はこちら。

作り方

ウサギ帽子も、トンガリ帽子も作り方が似ているので、同時に作り方を説明します。

【1】タオルを中表(表側が内側になるように)半分に折ります。「わ」になっていない側(写真の下側)が頭の入る入り口になります。

20140921-06

【2】赤線を縫います。このとき、途中を3cm縫わないでください(写真左下の部分)。ここがゴム入れ口になります。

※ 左下は、5mm縫って3cmあけて、また5mm縫います。右下は4cm縦に縫います。これはどんな形の帽子にも共通です。
※ 「4cm」と「5mm+(3cm)+5mm」の縦のラインは端から1cmぐらいの位置です。

20140921-07

ウサギ・ネコ・クマなど色々な動物の耳が作れます。どんな形でもいいのですが、左下は、5mm縫って3cm明けて、また5mm縫います。右下は4cm縦に縫います。

20140921-08

【3】ミシン線から1cmはなれた部分を切り落とします。

20140921-09

ウサギの耳のようにへこんだ部分がある場合は、赤線のように布を切り落としてください。コレをやらないと、表に返したときに布が引きつってしまいます。このとき、ミシン線を切らないように注意してください。

20140921-10

【4】先ほど切った部分にジグザグミシンをかけてほつれ止めにします(赤線部分)。このとき、入り口から8cmぐらいにはジグザグミシンをかけないでください(写真右上)。

20140921-11

【5】【省略OK】入り口の縫い代を開いて赤線を縫います(直線縫いでも、ジグザグミシンでもOKです)。

※ コレをやっておくと、ゴムヒモを通すときにスムーズに通ります。

20140921-12

【6】入り口を裏側に4cm折ります。

20140921-13

【7】入り口から、1.5cmと3cmの位置をぐるりと縫います。

20140921-14

【8】工程【2】で縫い残した部分がゴム入れ口になっています。ここからゴムを二本入れて結びます。

20140921-15

【9】表に返して、お好みで顔を付けます。

20140921-17

【10】ボタンとヒモは、糸で縫いつけています。

20140921-16

これで出来上がりです。お疲れ様でした。

お知らせ
作り方などの質問がある場合は、よくある質問をご覧になってから該当記事下のコメント欄へお願いします。また、型紙や作り方に間違いがあるときも、コメント欄から教えてください。

作品をメルカリヤフオクなどで販売して頂いて問題ありませんが、トラブルの無いようご自身の責任でお願いします。
出来上がった作品の写真をツイッターやインスタグラムに載せる際には、「@cotoro_net」をツイート(キャプション)内に入れていただけると私も拝見することができます。

ツイッターでは、みなさんの作品をたくさん紹介(リツイート)しています。是非フォローお願いします♪

関連記事
コメント一覧
  1. りんごムシ says:

    あの、ダッフィーの抱っこひもみたいなのが欲しくて、布ブランコの型紙をお願いしてもいいでしょうか。

  2. ことろ says:

    りんごムシさん
    布ブランコというのがどういうものかわからないのですが、
    ハーネスの作り方でしたらこちらです。
    https://www.cotoro.net/archives/65566402.html
    現在、たくさんの型紙リクエストを頂いているため、
    作成するものは投票で決めさせていだいています。
    よろしければ、投票してみてください(*^_^*)
    https://www.cotoro.net/archives/65661564.html

  3. りんごムシ says:

    ありがとうございます!
    ハーネスは吊ってる感じがしてたので、布ブランコをお願いしたかったのですが・・・^^;
    投票させていただきます♪

  4. クロトレ says:

    いつもお世話になっております。質問ですが、工程2で、下のところを縦にそれぞれ4cm縫う箇所がありますが、これは端っこから何cmの所から縫い始めるのでしょうか?よろしくお願いします。

  5. ことろ says:

    クロトレさんへ
    すみません、書いてありませんでした。後ほど追記します。
    私は端から1cmのところを縫っていますが、
    端から5mmでも2mmでも1.5cmでも大丈夫です(*^ ^*)
    できるだけ端を縫うほうが頭位に余裕をもった帽子が出来上がります。
    (ゴムひもで調節するので大きくても大丈夫です)

Leave a Reply

CAPTCHA