ダッフィー&シェリーメイ(身長43cm)サイズの縫いぐるみ用の「エプロン」の作り方です。なるべく簡単に作れるように工夫しました。アリス・メイド・ウェイトレスなどの衣装にいかがでしょうか?

型紙を拡大or縮小すれば、他のサイズの縫いぐるみでも着られます。(参考記事)。自由にアレンジしてください。

人間用(大人)の、「バッククロスのフリルエプロン」の無料型紙&作り方はこちらです。

20151113-02

  • 難易度: ★★★☆☆
  • 製作時間: 1時間〜2時間
※写真をクリックすると大きな写真が表示され、詳細を確認できます。



完成写真 と 解説

完成写真を見て出来上がりのイメージをつかんでください。

肩にフリルが付いています。簡単に作れるように、このフリルの部分は切りっぱなしです。布目に対してななめに切ることによってほつれにくくなっています。

20151113-03


肩ひもを背中でクロスしています。

20151113-04


リボンは形を作って縫い付けていますので、スナップボタンで簡単に着せられます。

20151113-05


スナップボタンは、全部で3組です。

20151113-06


このエプロンの形は四角(台形)ですが、丸くてフリルの付いたエプロンにアレンジをするときは、メルちゃんサイズのフリルエプロン型紙を参考にしてください。

20151113-07


肩ひもをつけなければ、シンプルなエプロンになります。

※ 一緒に写っているパフスリーブワンピースの型紙はこちらです。

20151113-01


肩ひもとフリルの型紙だけを使って、縫ぐるみバッジやストラップのエプロンを作ることも出来ます。ストラップの子には、エプロンと言うよりドレスに見えますね。

※ 一緒に写っている着物の型紙はこちらです。

20151115-04



また、胸当てをベルトに縫い付けずにボタンやスナップボタンで取り外しできるようにすると、2wayのエプロンになります。下の写真は、大人用フリルエプロンのものです。

20120512-02

材料(概算です。参考までに)

  • 布・・・幅45cm×長さ45cm
  • スナップボタン・・・3組


私が使った材料の詳細

布は近所のショップで買ったものです。生成りに白のバラがプリントされていて、シーチング生地のように見えますが詳細はわかりません。耳には、QUILT-GATE(RU2210-15)と書いてありました。

スナップボタンは直径9mmのものを使いましたが、もう少し小さくてもよさそうです。

使った道具

道具の詳細や使い方はこちらの記事にまとめてあります


無料型紙ダウンロード

フリルと胸当ては実寸大の型紙です。「余白なし(余白ゼロ)」の設定で、A4用紙に印刷して使ってください。(画像をクリックすると大きい画像が表示されます)。うまく実寸大に印刷できない場合はこちらをご覧ください
型紙の実線が布を切るラインです。点線は、縫い代もしくは出来上がり線です。

フリルと胸当て以外は、指定されたサイズの長方形に布を切ってください(縫い代は含まれています)


フリルエプロン型紙

お約束

型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。
詳細はこちら。


作り方

【1】布を切ります。フリルは布目に対してななめに切ることに注意してください。ほつれ止めをする場合は、赤線の部分にしてください。

黄色線はフリルの端になりますが、布をななめに切っているのでほつれにくくなっています。ほつれ止めをしなくても大丈夫だと思いますが、ほつれやすい生地や心配な場合はほつれ止め液を塗ると安心です。また、縫い代を付けて3つ折りにしたり、ロックミシンで巻きロックしても可愛いですね。

20151113-08

20151117-14


【2】ベルトの端を裏側に5mm折ります。そして、縦に細長く半分に折って、折り線を付けておきます。

20151114-04


【3】先ほどつけた折線にあわせて両脇を裏側に折ります。

20151115-01


【4】さらに半分に折ると、4つ折りになります。

20151115-02


【5】ベルトの他に、肩ひも2本も同様に4つ折りにしてアイロンをかけます。

20151115-03


【6】スカートのスソ部分を裏側に1cm折って、赤線を縫います。

20151113-09


【7】両端も裏側に1cm折って赤線を縫います。

20151113-10


【8】ウエストの中心部分(赤矢印)にチャコペンなどで印を付けておきます。そして、ウエスト部分の端から3mmぐらいの位置を荒いなみ縫いします。縫い終わりは玉止めをしないで、針を糸につけたままにしておいてください。

20151114-01


【9】糸を引っ張るとギャザーがよります。

20151114-02


【10】糸を引っ張る量を調節して12cmにします。そして、玉止めをします。

20151114-03


【11】4つ折りになったベルトを開いて、中心に印をつけます。そして、エプロンと中表に中心同士を合わせます。

20151115-05


【12】ベルトの端から5mmの位置にスカートが来るように調節し、写真のようにクリップやマチ針でとめます。

20151116-01


【13】赤線(スカートでなみ縫いをしたのと同じ位置)を縫います。

20151116-02


【14】ベルトを折り線の通りにもう一度折りなおします。

20151116-03


【15】赤線を縫います。このとき、(スカートにとって)表側から縫うと仕上がりがきれいです。

20151116-04


続きは、Part 2へ。



型紙や作り方に間違えを発見された場合は、該当記事のコメント欄から教えてください。また、質問もコメント欄からお願いします。よくある質問は、こちらにまとめてありますので参考にしてください(*^_^*)

作品をブログに載せる場合、型紙の入手先として「無料型紙工房ことろ」を紹介して頂けると大変うれしいです♪「リンクしていいですか?」などの連絡は不要なのでお気軽にお願いします。

また、このブログを参考にした作品の写真を「作りました!掲示板」に投稿できます。是非ステキな作品を見せてください!

最近では、ツイッターから作品を見せていただくことも多いです。その際には「@cotoro_net」をコメント内に入れていただけると私も作品写真を拝見することができ、リツイートさせていただくこともあります。たくさんの方に作品を見ていただきましょう(*^ ^*)