早期割や限定プランで お得に東京ディズニーリゾートへ♪


ダッフィー&シェリーメイ(身長43cm)サイズの縫いぐるみに合う「裏地付き長着(ながぎ)」の無料レシピです。丈や振りの長さ、布を変えれば、振袖(ふりそで)・打掛(うちかけ)・掛下(かけした)・引き振袖・白無垢・男性の着物など色々と使えます。裏地なしの長着はこちら小さい縫いぐるみ(身長14cm)の長着はこちら

また、型紙を拡大or縮小すれば他のサイズの縫いぐるみや人形にも使えます。(参考記事)。自由にアレンジしてください。

20140207-07

この写真は和風花嫁衣裳の一種である「引き振袖」です。

他にもたくさんの着物や和服の無料型紙があります。こちらをご覧ください。

  • 難易度: ★★★★★
  • 製作時間: 3時間~5時間

※写真をクリックすると大きな写真が表示され、詳細を確認できます。


完成写真 と 解説

完成写真を見て出来上がりのイメージをつかんでください。

裏地と表地を同じ型紙で作って、縫い合わせています。

20140210-09

裏から見たところです。衿(えり)は4種類あります。そのうちの3種類「共衿(ともえり)」「伊達衿(だてえり)」「美容衿(びようえり)」は省略OKですが、付けるとより豪華な着物になります。

20140210-10

付属の小物は、別記事に作り方を載せる予定です。全部作らなくても、帯だけあれば大丈夫です。

20140210-12
20140210-11
20140210-13

以上の写真は、「引き振袖」という花嫁衣裳の一種です。下の写真は、腰上げをしてスソを引きずらない普通の「振袖(ふりそで)」にした場合です。「腰上げ」のやり方は、作り方の最後の方で解説しています。

下の写真は、腰上げをしてスソを引きずらないようにした普通の振袖です。

20140210-01

白無垢(しろむく)や色打掛(いろうちかけ)を作る場合のアレンジ方法

白無垢と色打掛けは、両方とも形は同じです。引き振袖の上に打掛を羽織るだけです。そして、白無垢は全て白い布で作り、色打掛は一番外側の打掛だけ豪華な色と柄で作ります。

「打掛け」は下に着る引き振袖よりも一回り大きく作って、スソの裏地と表地の間に綿(わた)を入れます。

着物を一回り大きく作るには、型紙を拡大コピーしてもいいのですが、例えば1cmの縫い代を5mmとして縫っても少し大きめにできます。

白無垢や色打掛については、こちらをご覧ください。

着付け(着せ方)

足を広げた形の縫いぐるみに着せる場合は足を軽く縛ります。足が広がっていると綺麗に着物が着られません。

20121224-08

着物に腕を通します。しっぽ穴を開けた場合はしっぽも通します。そして、美容衿を胸の前で交差させて、クリップなどでとめます(美容衿に、マジックテープやスナップボタンをつけておくと便利です)。このとき左と右を重ねる順番に気をつけてください。着物は男女ともに左前身頃が外側になります。

20140210-06

まず、右前身頃を美容衿に重ねます。このとき、美容衿が見えるようにしてください。そして、伊達衿を着物から2~3mmぐらいだして、外から見えるようにします(伊達衿は着物に縫い付けておくと楽です)。

20140210-07

左前身頃も同様にして重ねます。そして、胸の下でヒモなどで縛ります。

20140210-08

最後に帯を付けます。

材料(概算です。参考までに)

  • 表地・衿・共衿・・・幅35cm×長さ250cm
  • 裏地・伊達衿・・・幅110cm×長さ50cm
  • 美容衿・・・45cm×6cm
  • アイロン接着芯・・・4cm×10cm

※ 今回表地として使った布は幅が35cmのもので、さらに少し柄合わせもしたので2m以上の長さを使いました。一般的な幅110cmの布で柄合わせをしないのでしたら1m以下で大丈夫です。

私が使った材料の詳細


表地・衿・共衿に使いました。

ネットショップ「都香庵」さんのものです。

 

表地・衿・共衿に使いました。

ネットショップ「都香庵」さんのものです。

 

美容衿に使いました。

ネットショップ「都香庵」さんのものです。

おすすめの道具

道具の使い方やその他の道具はこちらの記事をご覧ください

お知らせ
作り方などの質問がある場合は、よくある質問をご覧になってから該当記事のコメント欄へお願いします。また、型紙や作り方に間違いがあるときも、コメント欄から教えてください。

作品をminneメルカリヤフオクなどで販売して頂いて問題ありませんが、トラブルの無いようご自身の責任でお願いします。
作品の写真をツイッターに載せる場合は、「@cotoro_net」をツイート内に入れていただけると私も作品写真を拝見することができます。

ツイッターでは、みなさんの作品をたくさん紹介(リツイート)しています。是非フォローお願いします♪

関連記事
コメント一覧
  1. Laura says:

    生地(表地)は本当に250cmも要りますか?

  2. ことろ says:

    Lauraさんへ
    幅35cmの布を作り、若干の柄合わせをしたため2m以上使いました。
    布の幅が110cmぐらいあるのでしたら、1mもいらないと思います(*^ ^*)

  3. Laura says:

    ありがとうございます。都香庵さんで生地を探しているんですが、なかなか金額が高くて...
    試行錯誤してます💦
    ちなみに、柄物のちりめんで作ったらどうなりますか?袴もちりめんで作りたいんですが、素材が同じだと変ですかね...

  4. ことろ says:

    Lauraさんへ
    柄物のちりめんで作ったことがないので、正確にはわかりませんが、
    ちりめんはやわらかいので、体の線に沿った感じになりそうです。
    裏地はありませんが、こちらの黒い長着はちりめんです。
    https://www.cotoro.net/archives/65591992.html
    着物と袴が同素材でもわたしはアリと思いますが、
    このあたりは、個人の好みなので変かどうかは判断が難しいです。

  5. Laura says:

    ありがとうございます

  6. ethu says:

    いつも拝見して、参考にさせてもらってます。
    まだ縫ってないのですが、オカダヤで縮緬の柄物を買いました。レーヨンでけっこうドッシリした縮緬でシボも大きくてふんわり可愛く出来そうですょ。芯も要らなそうです。綸子は無かったので玉虫の裏地にしました。しっかり織ってある割に安いのでお勧めです。ジャガード裏地とかで良い柄が有れば(桜とか流水ぽい)と思ったんですがイマイチありませんでした。
    金襴だけはヤッパリ金襴が良いですが、特種生地のラメなんかのところに織柄物もあり、芯とか縫いづらいのを覚悟すればそれもありかもです。

  7. ことろ says:

    ethuさんへ
    いい生地が手に入ったようですね(*^ ^*)
    素敵なお着物ができあがるといいですね♪

  8. まこ says:

    こんにちは!
    はじめまして!
    結婚式用でMサイズのダッフィー、シェリーメイに着物を作ろうと思っているのですが、なかなか型紙がなくて(;_;)
    こちらのお着物が素敵だったのでこちらの型紙を何倍かにして作れないかと思っています。
    アドバイスいただけたら嬉しいです。

  9. ことろ says:

    こんにちは、はじめまして、まこさん
    SサイズダッフィーからMサイズダッフィーへの拡大率は、約165%です。
    型紙を拡大するときの注意点などは、
    「ダッフィー等☆縫いぐるみ・人形の型紙の互換性☆拡大倍率のまとめ」をご覧ください(*^ ^*)
    https://www.cotoro.net/archives/65579362.html

  10. まこ says:

    ありがとうございます( ;∀;)♡♡♡
    とっても助かります♡

  11. かりん says:

    こんにちは。
    ダッフィーとシェリーメイの和装を作ろうと思い、型紙を利用させて貰いましたが、レーヨン生地で作っても 生地代だけで、二万円位かかりそうですが、実際、幾ら位掛かったか、覚えてますか?
    43センチサイズの
    紋付き袴、打ち掛けや草履など、付属品も含めての金額です。
    2ヶ月くらいで、一週間に四時間位で出来るものでしょうか?
    昨日、ことろさんのこの関連ページをコピーしていたら、コピー用紙が二センチくらいになり、ビックリでした。少しめげてきました。

  12. ことろ says:

    こんにちは、かりんさん
    作成時間ですが、ソーイングに慣れているかどうかによっても違うため何とも言えません。
    それぞれの型紙&作り方の最初の方に作成時間の目安が書いてあるので参考にしてください(*^ ^*)
    ただ、慣れていない方は目安の作成時間の倍ぐらいかかったという感想もたまに目にしますので
    お気を付けください。
    生地代は、男子女子両方の和装を作って合計2万円ぐらいです。
    詳細は以下の通りですが、昔のメモを見ながら現在のネットショップでの価格で
    計算しているので正確ではないかもしれません。
    また、余裕をもって生地を用意しているので実際にはもっとかかっています。
    型紙を印刷して並べてみて足りるかどうかを考えてから購入してみてください。
    私が使った白無垢の生地は高価なものが多いので、ほとんど「りんず」で作成されている
    方もいらっしゃいます。
    <紋付袴(男子用和装)>合計2,716円
    <白無垢(女子用和装)>合計17,668円
    つづきます。
    (コメント文字数が多すぎたのでコメントを二つに分けています)

  13. ことろ says:

    つづきです。
    (コメント文字数が多すぎたのでコメントを二つに分けています)
    <紋付袴(男子用和装)>合計2,716円
    ●羽織:70cm
     鬼ちりめん・黒:665円
    ●羽織紐:50cm
     江戸打ちひも・5mm・白:65円
    ●長着(本体):70cm
     鬼ちりめん・黒:665円
    ●長着(伊達衿):66cm
     鬼ちりめん・白:665円
    ●長着(美容衿):45cm
     京 綸子・紗綾形・白:540円
    ●袴:80cm 帯:50cm
     金襴織物 袴地・縞:1,160円
    <白無垢(女子用和装)>合計17,668円
    ●打掛の表地 130cm
     京西陣・金襴 生地 青海波水文地に鶴(白・銀):3,991円
    ●掛下の表地 130cm
     金襴生地 白地松鶴文金襴(銀):4,134円
    ●綿帽子の表地・美容エリ 50cm
     京西陣・金襴 生地 有職立涌(白):1,160円
    ●打掛・掛下・綿帽子の裏地 250cm
     京 綸子・りんず 桜吹雪(白):2,700円
    ●帯 50cm
     京西陣・金襴 生地 群鶴(白・銀)1,780円
    ●草履・抱え帯・伊達エリ 50cm
     金襴織物 松竹梅に鶴の舞(銀)1,430円
    ●帯揚げ 60cm
     正絹 鹿の子絞り 白:2,376円
    ●帯締め 100cm
     江戸打ち紐 太(直径5mm)白金:97円

  14. かりん says:

    こんばんは。
    私は、カントリードールや 釣り飾りは作って販売もしていたので、まぁまぁ作れるほうかなとも思いますが、友達のヘルプとして作るので、印刷したものを見ながら説明して、少し手伝うくらいです。友達は、初心者?ですので、倍の時間と費用もかかりそうですね。
    息子さんのウェディングドールとして作ります。
    明細も見せながら説明してみます。
    とても早いお返事と明細をありがとうございました。
    明細出すのは大変でしたよね。ごめんなさい。

Leave a Reply

CAPTCHA