早期割や限定プランで お得に東京ディズニーリゾートへ♪



無料型紙ダウンロード

衿以外は、実寸大の型紙です。「余白なし(余白ゼロ)」の設定で、A4用紙に印刷して使ってください。(画像をクリックすると大きい画像が表示されます)。うまく実寸大に印刷できない場合はこちらをご覧ください。

「わ」と書いてあるところは、布を2つに折り、折った部分を「わ」に重ねて2枚の布を一緒に切ります。型紙の実線が布を切るラインです。点線は、縫い代もしくは出来上がり線です。

羽織型紙A
羽織型紙B

お約束

型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。
詳細はこちら

作成する前の注意事項

・この作り方は正しい和裁ではありません。簡単に作れて、なるべく本物の着物に見えるように工夫しています。
・正しい和裁では女性用と男性用で仕立て方が異なりますが、この作り方はより簡単な方を採用した男女兼用(男女混合)になっています。
・ミシン線が外から見えても構わない人や時間がない人は、まつり縫いする部分をミシンで縫っても構いません。

作り方

【1】布を切り、黄色い線の切り口にほつれ止めをします。(縫いぐるみの服なのでほつれ止めを全くしないという考えもアリです)。今回は、ほつれ止め液を使いましたが、ロックミシンや家庭用ミシンのジグザグ縫いをでもOKです。

20130119-01

【2】左後身頃と右後身頃を中表に合わせ、縫い代1cmで縫います。

20130119-02

【3】袖と身頃の中心を写真のように中表に合わせて、縫い代1cmで縫います。縫う長さは肩から9.5cmですが、型紙の「袖付け位置」も参考にどうぞ。

20130119-03

【4】マチの短いほうの端(写真の上部)を裏側に1cm折ってアイロンをかけます。

20130120-01

【5】マチと後身頃を中表に合わせ、縫い代1cmで縫います。

20130120-02

【6】マチと前身頃を中表に合わせ、縫い代1cmで縫います。

20130120-03

【7】袖と身頃の間の縫い代を開いてアイロンをかけ、マチと身頃の間の縫い代は身頃側に倒してアイロンをかけます。

20130120-04

【8】黄色線を縫い代1cmで縫います。このとき、肩から9.5cmは袖口になるので縫わないでください。(型紙の「袖口」印より下を縫うという意味です)

20130120-05

【9】袖口を裏に1cm折り、まつり縫いします。また、袖下の縫い代を開いてまつり縫いします。そして、袖のカドを切り落とします(緑線)。このとき、ミシン線を切らないように注意してください。最後に、袖を表に返してアイロンをかけます。

※ 緑線は布目に対してななめに切っているのでそのままでもほつれにくいですが、気になる場合はほつれ止め液を塗ってください。
※ 工程【7】~【9】は両方の袖に行ってください。

20130120-06

【10】スソを裏に2cm折り返してまつり縫いします。

20130120-07

【11】
(1)衿の長い方の辺を裏側に1cm折ってアイロンをかけます。
(2)さらに裏側に半分に折ってアイロンをかけます。すると幅が約3cmの衿になります。

20130120-08

【12】着物本体の裏と、衿の表を合わせます。このとき、衿の中心が背中の中心になるようにしてください。そして、写真の黄色線を縫うのですが、これは衿のアイロン線の少し外側です(縫い代8~9mmという意味)。

20130121-01

【13】
(1)衿の端を身頃のスソに合わせて裏側に折ります(両端に行います)。このとき、折る量が多い場合は切り落として1cmぐらいにしてください。
(2)衿のアイロン線に沿っております。

20130121-02

【14】黄色線をまつり縫いして、衿を固定します。

20130121-03

【15】【省略OK】しっぽ穴を開けます。
(1)着物を縫いぐるみに着せて、しっぽの位置に印を付けます。この写真では、衿の下から12cmと16.5cmの位置に印を付けています。
(2)背中中心のミシン線を囲むように、(1)でつけた印の間をミシンで縫います。
(3)背中中心のミシン線をリッパーなどで切ります。このとき、(2)で縫ったミシン線を切らないように注意してください。

20130121-04

【16】【省略OK】フェルトを好きな形に切って、手縫い(たてまつり縫い等)で縫い付けます。付ける位置は、型紙の緑●印や下の写真を参考にしてください。

20130122-10
20130122-04

これで出来上がりです。お疲れ様でした。

お知らせ
作り方などの質問がある場合は、よくある質問をご覧になってから該当記事下のコメント欄へお願いします。また、型紙や作り方に間違いがあるときも、コメント欄から教えてください。

作品をメルカリヤフオクなどで販売して頂いて問題ありませんが、トラブルの無いようご自身の責任でお願いします。
出来上がった作品の写真をツイッターやインスタグラムに載せる際には、「@cotoro_net」をツイート(キャプション)内に入れていただけると私も拝見することができます。

ツイッターでは、みなさんの作品をたくさん紹介(リツイート)しています。是非フォローお願いします♪

関連記事
コメント一覧
  1. でぃっく says:

    こんにちは。
    なんとなく、長着と袴で完成かと思ってましたが、紋付羽織がまだでしたね。
    これを着ると、更に可愛くなりますね~(。-_-。)
    まだまだこれに手をつけるまでには至ってないのですが、次の正月にはぜひ!作りたいです( ̄▽ ̄)
    それにしても、新撰組とか作れるんですね。なるほど~。
    例に書くほど、作りたい人が多いってことですか(^◇^)
    ううーん、私はどんな生地で作ろうかな?
    やっぱりことろさんみたいに、黒で作るのがしっくな感じで可愛いですかね?
    カラフルで作ったらなんか笑点みたいになりそうですしね(笑)
    一年かけて、悩んでみます!

  2. ことろ says:

    でぃっくさんへ。
    ご明察です!
    型紙リクエストで、新撰組のコスプレを希望する方が数人いたので、
    アレンジ例として書いてみました(笑)
    ですが、羽織袴としては新郎衣装用のリクエストがダントツだったので、
    一般的な礼装用の黒で作りました。
    カラフルな着物も楽しそうですね♪

  3. あお says:

    型紙使わせていただきます!

  4. ことろ says:

    あおさんへ。
    どうぞ、おつかいください(*^_^*)

  5. いつき says:

    はじめまして!
    まさに私、新撰組のファンでして
    今、水色の布で製作中です(*^^*)
    袖にダンダラ柄を入れれば、新撰組の隊服ですもんね!
    とっても分かりやすく、不器用な私でも何とか出来そうです。
    これからも楽しみにしています。

  6. ことろ says:

    はじめまして、いつきさん。
    是非、素敵にアレンジしてください(*^_^*)
    出来上がるのが楽しみですね♪

  7. そら says:

    始めまして。
    ダッフィーの衣装の型紙を探していて、こちらに辿り着きました。
    こんなに素敵な型紙を無料で公開していただいて、本当にありがとうございます。
    長着、男の子用袴、紋付羽織、草履の型紙を使わせていただきます。
    新作のダッフルコート、本当に可愛いですね。
    これからも頑張ってください。

  8. ことろ says:

    はじめまして、そらさん
    どうぞ、たくさん使ってください♪
    ステキな着物が出来上がるといいですね(*^_^*)

  9. ゆう says:

    可愛いですね!!!
    これを人形ではなく赤ちゃんにもつくってみたいのですが、形そのままで大きさを等倍すればできそうでしょうか?

  10. ことろ says:

    ゆうさんへ
    ありがとうございます(*^_^*)
    縫いぐるみは人間よりも首周りが太いので、
    そのままですと首周りがゆるくなりそうです。
    型紙を印刷して体に当ててから、調節してみてください。

  11. かのか says:

    すごく可愛いですね!!
    手芸が好きなので作ってみようと思うのですが…
    羽織紐のところって、どうなっているんですか…?
    初歩的な質問ですみません…

  12. ことろ says:

    かのかさんへ
    ありがとうございます!
    羽織紐の作り方はこちらです
    https://www.cotoro.net/archives/65596172.html
    和服関連の一覧もありますので、色々と作ってみてください(*^ ^*)
    https://www.cotoro.net/archives/cat_60251785.html

  13. かのか says:

    ありがとうございます!!
    早速作ってみたいと思います♥︎

  14. あい says:

    羽織と長着両方とも男性となっていますが
    長着は袖付けの縫い方、羽織はマチと袖付けの縫い方からして
    女性用の仕立てになっています
    男性用の作り方も載せていただけると嬉しいです。

  15. ことろ says:

    あいさんへ
    大変申し訳ありません。
    洋裁もそうですが、和裁に関しても私は全くの素人です。
    なので掲載している方法は、正しい和裁ではありません。
    ぱっと見て和服っぽく見え、そして簡単に作れるように
    工夫した結果になっています。
    私を含めて和服の素人には、ぱっと見たときの男女の仕立て違いはわからないので、
    より簡単に作れる男女兼用(混合)の着物にしてしまいました。
    (後ほど、このあたりの注意事項をもっと強調するように記事を修正します)
    長着の袖付けは、わきの下の身頃やソデの内側に穴が開いていないように
    したいと言うことでしょうか?
    この部分は、穴をふさぐと布が引きつれてしまいやすいので、
    女性タイプを採用しています。
    男性タイプにするには、出来上がった後に手縫いで穴をふさいでみてください。
    羽織のマチは、三角形したいと言うことでしょうか?
    台形にしてあるのは、縫ぐるみのお腹周りが太いためです。
    男性タイプにするには、マチを三角形にしてみてください。
    その他、私の知らない男女の細かい仕立て違いがあるかと思います。
    私よりもあいさんの方が和裁の知識がはるかに多いです。
    素人が考えた方法よりも、あいさんの満足のいく形に
    アレンジしてみてください(*^ ^*)

  16. きょんママ says:

    はじめまして。いつも楽しませていただいています。洋裁は素人ですが、父の88歳のお祝いのダッフィーにちゃんちゃんこと大黒帽を着せてプレゼントしようと考えています。型紙は、紋付きの袖をなくしたものでできるでしょうか?帽子はどのように作ればよいかなにか参考になる型紙がありましたらおしえてください。お忙しいとは思いますがよろしくお願いいたします。

  17. ことろ says:

    はじめまして、きょんママさん
    おっしゃるとおり、紋付羽織のソデなしで大丈夫そうです(*^ ^*)
    ただ、裏地がついていないので裏地を付けるか張りのある厚手の生地で
    作るのがいいと思います。裏地を付ける場合は、
    https://www.cotoro.net/archives/65647899.html
    こちらを参考にしてください。
     
    帽子は、ベレー帽
    https://www.cotoro.net/archives/beret.html
    をそのままでもいいと思いますが、より大黒帽らしくするためには、
    「サイド」の型紙を省略し、「トップ」を大きくし、
    トップにタック(ギャザー?)を付けて直接ベルトとつなげてみてください。

  18. くりーむぱん says:

    ことろ様

    紋付の羽織紐ですが、付け方や紐の結び方など
    掲載はありますか?
    よろしくお願いいたします。

  19. ことろ says:

    くりーむぱんさんへ
    羽織紐の作り方はこちらにあります(*^ ^*)
    https://www.cotoro.net/archives/65596172.html

  20. くりーむパン says:

    ことろ様
    作り方あったんですね…
    気が付かず申し訳ありませんでした。
    ありがとうございます‼︎

Leave a Reply

CAPTCHA