ダッフィー&シェリーメイ(身長43cm)サイズの縫いぐるみ用の「シャツ」の作り方です。

同じ型紙でアロハシャツ(開襟シャツ)にもワイシャツにもなりますし、長袖・半袖のどちらにもできます。エリを丸くアレンジすればブラウスにもなりそうです。

以前にブログに載せたワイシャツよりも簡略化して簡単に作れるようにしました。ぜひ作ってみてください(*^ ^*)

型紙を拡大or縮小して調節すれば、他の縫いぐるみでも着られます。(詳細はこちら)。自由にアレンジしてください。

20170620-02


難易度: ★★★★☆
  • 製作時間: 2時間〜4時間
※写真をクリックすると大きな写真が表示され、詳細を確認できます。



完成写真 と 解説

完成写真を見て出来上がりのイメージをつかんでください。

作成例では半袖ですが、長袖にも出来るように型紙には書いてあります。

20170530-02


前と後ろの丈が少し長く、サイドの丈が短めになっています。後ろは、しっぽが少し隠れる程度の丈です。

20170530-03


ボタンをオープンにしてもカッコイイです。

20170530-04


直径12mmのボタンを3個付けました。もう少し大きいボタンでも可愛いと思います。

20170530-06


ボタンを一番上にも付けるとワイシャツになります(下の写真ではボタンを付けていません)。

20170530-05


前の開き部分と首回りに見返しを付けたので、外からチラ見えしてもキレイです。

20170530-07


下の写真のような感じで型紙を作っています。型紙の制作状況は随時ツイッター( @cotoro_net )で公開しています。よろしければフォローしてみてください(*^ ^*)

20170531-01


材料(概算です。参考までに)

私が使った材料の詳細

近所の手芸用品店で買いました。縫いぐるみの服は小さいので、アロハ柄の中でもお花の柄がなるべく小さいものを選びました。楽天市場でもアロハ柄の生地がたくさん売っています

ボタンは、直径12mmの木目調のプラスチックらしきものです。購入したのではなく母からもらったものです。母は昔から洋服を捨てるときにはボタンを取ってから捨てるので、色々なボタンをたくさん持っているのです。 





使った道具

道具の詳細や使い方はこちらの記事にまとめてあります


無料型紙ダウンロード

実物大の型紙です。「余白なし(余白ゼロ)」の設定で、A4用紙に印刷して使ってください。(画像をクリックすると大きい画像が表示されます)。うまく実寸大に印刷できない場合はこちらをご覧ください

型紙の黒実線が布を切るラインです。点線は、縫い代もしくは出来上がり線です。「わ」と書いてあるところは、布を2つに折り、折った部分を「わ」に重ねて2枚の布を一緒に切ります。

アロハシャツ型紙A

アロハシャツ型紙B

アロハシャツ型紙C

アロハシャツ型紙D



お約束

型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。
詳細はこちら。


作り方


【1】布を切ります。そして、青線の部分にほつれ止めをします。私はほつれ止め液「ピケ」を使っています。

※ 縫いぐるみの服は小さくてカーブがきつく、ロックミシンや家庭用ミシンのジグザグ縫いでほつれ止めするのは難しいため、ほつれ止め液がお勧めです。

20170601-02

20170601-01



【2】エリ(表地)とエリ(裏地)を中表に合わせます。

20170602-03


【3】縫い代5mmで青線を縫います。

20170602-04


【4】青線のように、エリのカドを切り落とし、ミシン線に垂直に切り込みを入れます。このとき、ミシン線を切らないように注意してください。

20170602-05


【5】
(1)表に返して目打ちやヘラなどでカドを整えてください。
(2)アイロンをかけます。

20170607-01


【6】見返しの背中の中心部分を中表に合わせます。

20170609-01


【7】縫い代5mmで青線を縫います。

20170609-02


【8】縫い代を割ってアイロンをかけます。

20170609-032


【9】そで口を裏側に1cm折って、青線を縫います。

20170609-04


【10】前身頃と後身頃を、肩の部分で中表に合わせます。

20170601-03


【11】肩の部分を縫い代5mmで縫います。

20170602-01


【12】後身頃と前身頃を開いて、縫い代を開いてアイロンをかけます。

20170602-02


【13】後見頃を半分に折って、背中の中心にしるしを付けます。同様にエリの中心にもしるしを付けます。そして、後見頃の表と、エリ(表地)が見えるように置きます。

20170609-05



【14】先ほど付けた、印同士をクリップ等でとめます。前見頃の端から1.5cmの位置にしるしを付けます(青矢印)。また、エリの端の位置を確認します(ピンク矢印)

20170609-06


【15】先ほどのエリの端と、前見頃の印を合わせてクリップでとめます。

20170609-07


【16】クリップの間を細かくとめていきます。

20170612-01


【17】縫い代3mmで縫います。(これは仮止めですが、後でほどきません)

20170612-02


【18】見返しの縫い目部分(背中の中心)と、エリの中心の位置を確認します。そして、見返しの裏とエリの表地が見えるように置きます。

20170612-03


【19】先ほど確認した位置で合わせてクリップでとめます。

20170612-04


【20】前見頃のカドの位置で見返しをクリップでとめます。

20170612-05


【21】クリップの間を細かくとめていきます。

20170612-06


【22】見返しをミシンで縫います。このとき、スソの部分(黄色線)は縫い代1cm、その他の部分(青線)は縫い代5mmで縫います。

20170612-07


【23】先ほど縫った縫い代のカドを切り落とします。また、首回り部分にはミシン線に垂直に切り込みを入れます。このとき、ミシン線を切らないように注意してください。

20170612-08


【24】見返しを表に返してカドを整え、アイロンをかけます。

20170612-09


【25】エリと身頃の間の、身頃の上を縫います(青線)。縫う位置は、エリから1〜3mmです。このとき、端を約5cmあけてください。


20170612-10


【26】ソデの肩部分に印をつけます(型紙の「肩」の位置を参考にしてください)。また、前見頃と後見頃の縫い合わせ部分(肩の位置)を確認してください。そして、ソデの裏と見頃の表が見えるように置きます。

※ ソデは2枚ありますので左右のソデを間違えないように気を付けてください。型紙に赤字で書いてある「前見頃」と「後見頃」を参考にしてください。

20170613-01


【27】先ほど確認した青矢印同士を重ねてクリップでとめます(中表に合わせるという意味です)。そして、ソデの端と後見頃前見頃の端の位置を確認します(黄色矢印とピンク矢印)

20170613-02


【28】先ほど確認した黄色矢印同士、ピンク矢印同士を重ねてクリップでとめます。

20170613-03


【29】クリップの間を細かくとめていきます。

20170613-04


【30】先ほどとめたクリップの部分を縫い代5mmで縫います。

※ この工程が一番の難所です。私はものすご〜くゆっくりミシンで縫っていますが、ミシンが苦手な方は無理にミシンを使わずに手縫いで縫ってみてください。

20170613-05


【31】反対側のソデも同様にして縫い合わせてください。

※ 布の裏表や前見頃側・後見頃側に注意してください。

20170613-06


【32】前身頃と後身頃を中表に合わせ、ソデも中表に合わせてクリップでとめます。

20170613-07


【33】そして、縫い代5mmで青線を縫います。

※ シェリーメイなどの細身の縫いぐるみに着せたい場合は、この脇の下の(見頃の)縫い代を多く(1cmぐらいに)すると少し細身のシャツになります。この工程で実際に縫いぐるみに着せて調節してみてください。

20170613-08


【34】反対側のソデも同様に縫ってください。

20170613-09


【35】スソを裏側に1cm折ります。

20170613-10


【36】青線を縫います。

20170613-11


【37】ボタンを付けてボタンホールを開けます。つける位置は型紙を参考に、実際に縫いぐるみに着せて調節してください。

※ 男性用は下の写真のように左前見頃が外側になりますが、女性用は逆で、右前見頃が外側になりますので注意してください。
※ ボタンホールをあけるのが難しい場合は、スナップボタンで開閉して、飾りにボタンを付ける方法もあります。ジャケットの作り方を参考にしてください。

20170613-12

これで出来上がりです。お疲れ様でした♪


型紙や作り方に間違いを発見された場合は、該当記事のコメント欄から教えてください。また、質問もコメント欄からお願いします。よくある質問は、こちらにまとめてありますので参考にしてください(*^_^*)

作品をブログに載せる場合、型紙の入手先として「無料型紙工房ことろ」を紹介して頂けると大変うれしいです♪「リンクしていいですか?」などの連絡は不要なのでお気軽にお願いします。

また、このブログを参考にした作品の写真を「作りました!掲示板」に投稿できます。是非ステキな作品を見せてください!

最近では、ツイッターから作品を見せていただくことも多いです。その際には「@cotoro_net」をコメント内に入れていただけると私も作品写真を拝見することができ、リツイートさせていただくこともあります。たくさんの方に作品を見ていただきましょう(*^ ^*)

作品を投稿される際には、どの型紙を作ったかや、アレンジした場合はアレンジした箇所、型紙を拡大・縮小した場合はその倍率などの情報を合わせて載せていただけると、他の方の参考になると思います。