ダッフィー&シェリーメイ(身長43cm)サイズの縫いぐるみ用の女性用の「袴(はかま)」の作り方です。男性用の袴の型紙はこちらになります。

型紙を拡大or縮小すれば、他のサイズの縫いぐるみでも着られます。(参考記事)。自由にアレンジしてください。

20160325-02
  • 難易度: ★★★★☆
  • 製作時間: 1時間半〜3時間
※写真をクリックすると大きな写真が表示され、詳細を確認できます。



完成写真 と 解説

完成写真を見て出来上がりのイメージをつかんでください。

前から見たところです。前スカートに付いている「前ひも」の上に、後のスカートについている「後ヒモ」がベルトのように重なっています。リボンはこの「後ヒモ」に結び付けて取れないように手縫いで縫い付けました。

前のヒダは5本です。

20160225-06


後ろから見たところです。女子用なので後ろのヒダは3本で、腰板がついていません。(男子用の袴はヒダが1本で、台形の「腰板」が付きます)

20160225-07


前から見ると、袴の下に付けた帯がチラ見えします。帯は省略OKです。リボンの位置は、右側でも左側でもOKです。

20160225-03


脇の空いている部分からも帯が見えます。

20160225-02


後ろから見たところです。後スカートは、帯と前ヒモを隠すように着せます。


20160225-01


帯は、前ヒモに縫い付けてあります。簡単に着せられるように前ヒモの端にはマジックテープ、後ヒモの端にはスナップボタンを付けました。

20160324-01

着付け(着せ方)

まず、着物を着せます。この写真の着物は、振袖で裾が長いので内側に折りこんで丈を短くしています。袴用に着物を作るときは、最初から丈を短くしておくと楽です。

※関連無料型紙・・・着物(振袖)編み上げブーツ頭飾り足袋(たび)草履(ぞうり)
その他和装型紙はこちら

20160225-04


次に、前ヒモのマジックテープを腰の後ろで合わせます。

20160225-05


そして、後ヒモをスナップボタンで(左脇の位置で)とめます。このとき、後スカートで前ヒモと帯を隠すようにします。

20160325-01

材料(概算です。参考までに)

  • 袴の布・・・幅70cm×長さ80cm
  • スナップボタン・・・1組
  • マジックテープ・・・2cm幅を12cm
(必要に応じて)
  • 帯の布・・・12cm×46cm

私が使った材料の詳細


ネットショップ「都香庵」さんの鬼ちりめんです。

袴本体・ヒモ・リボンに使いました。

直接アイロンをかけるとテカテカになるので、当て布をしてからかけたほうがいいです。 


こちらも、ネットショップ「都香庵」さんの金襴生地です。

帯に使いました。ハリがあるのにそれほど硬くないので縫いやすいです。



使った道具

道具の詳細や使い方はこちらの記事にまとめてあります


無料型紙ダウンロード

前スカートと後スカートは実物大の型紙です。「余白なし(余白ゼロ)」の設定で、A4用紙に印刷して使ってください。(画像をクリックすると大きい画像が表示されます)。うまく実寸大に印刷できない場合はこちらをご覧ください
リボンとヒモは指定されたサイズの長方形に布を切ってください。型紙の黒実線が布を切るラインです。点線は、縫い代もしくは出来上がり線です。

女袴型紙A−1女袴型紙A−2女袴型紙A−3

女袴型紙B−1女袴型紙B−2女袴型紙B−3



お約束

型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。
詳細はこちら。


作り方

【1】布を切ります。

20160229-01


20160229-02

帯は省略OKです。
20160323-01


【2】前スカートを型紙の通りに折り、アイロンをかけます。

20160308-01

20160308-02



【3】後スカートを型紙の通りに折り、アイロンをかけます。


20160308-03

20160308-04


【4】スカートの上部分の折ったところを、縫い代5mmで縫います。

20160309-01


【5】前スカートの端を、表側に写真のように三角形に折ります。

20160309-02


【6】端から1.5cmの位置を三角形に縫います。

20160309-03


【7】先ほど縫ったところで折り返します。

20160310-01


【8】さらに裏側に折り返します。そして、裏側に縫いとめます。このとき表に縫い目が出ないように注意してください。難しい場合は布用ボンドで止めてもOKです。

20160310-02


【9】後スカートも前スカートと同様に折ったり縫ったりします。

20160310-03


【10】前スカートと後スカートを中表に合わせます。

20160311-01


【11】脇を縫い代1cmで縫います。

20160311-02


【12】スソを裏側に1.5cm折ってクリップや待ち針などでとめます。

20160311-03


【13】スソをぐるりと一周縫います。ミシンで縫ってもいいのですが、まつり縫いで表にできるだけ縫い目が出ないように縫うときれいに仕上がります。

20160314-01


【14】ヒダを整えて、スソにアイロンをかけます。

20160314-02


【15】
(1)短いほうの辺を裏側に1cm折ります。
(2)長いほうの辺を裏側に1cm折ります。

20160315-01


【16】細長くなるように半分に折ります。

20160315-02


【17】アイロンをかけます。3本のヒモすべて同じように作ってください。

20160315-03


【18】前ヒモを開いて、前スカートの中心のヒダと、前ヒモの中心を中表に合わせます。このとき、前ヒモの端のアイロン線(黄緑色)が前スカートのウエスト側の端から2cmになるようにします。


20160317-01


【19】アイロン線の上を縫って、前スカートに前ヒモを縫い付けます。

20160317-02


【20】前ヒモをアイロン線に沿って折りたたみます。


20160317-03


【21】黄色線を縫います。このとき、ミシンで縫ってもいいのですが、コの字縫いやまつり縫いをするときれいに仕上がります。

20160322-01


【22】後ヒモを開いて、後スカートと後ヒモを中表に合わせます。このとき、後ヒモの端(端を折った状態で)から約2.5cmの位置に後スカートが来るようにしてください。そして、先ほどと同じように後スカートの端から後ヒモのアイロン線まで2cmになるようにします。

20160322-02


【23】後ヒモのアイロン線の上を縫います。

20160322-03


【24】後ヒモを折りたたんで、黄色線を縫います。きれいに仕上げるためには、コの字縫いやまつり縫いをしてください。そして、スナップボタンをつけます。スナップボタンの位置は、実際に縫いぐるみに着せて決めてください(内側に着せる着物を着た状態で)。私はヒモの内側の端ぎりぎりの位置と、ひもの外側3.5cmの位置に付けました。

20160322-04


【25】【省略OK】【帯をつける場合のみ行う】ヒモと同じように折ってアイロンをかけます。

20160323-02

20160323-03


【26】【省略OK】【帯をつける場合のみ行う】「わ」になっていない側を赤線のように縫います。

20160323-04


【27】【省略OK】【帯をつける場合のみ行う】前ヒモの裏側(内側)に帯を置いてクリップなどで止めます。このとき、「わ」になっている側を前ヒモから5mmぐらい飛び出させてください。

20160323-05


【28】【省略OK】【帯をつける場合のみ行う】前ひもの表に縫い目が出ないように縫いとめます。難しい場合は、布用ボンドを使うと簡単です。

20160323-06


【29】前ヒモの端に約6cmのマジックテープを縫い付けます。片方は表側、もう片方は裏側に付けてください。
※ 帯を付けなかった場合も、このマジックテープは付けます。

20160323-07


【30】後ヒモにリボンを結びます。このとき、片側のリボンを長くしておいてください。

20160323-08


【31】長くしておいたリボンの端を後ヒモの下に通します。

20160323-09


【32】通したリボンの端をかぶせて、たらします。リボンは解いたり動いたりしないように後ヒモに縫いとめてください。

※ 縫いぐるみが手元にない場合は、縫いとめないほうがいいです。着付けをしてからリボンの位置を調節できるので。

20160323-10


これで出来上がりです。お疲れ様でした。


型紙や作り方に間違えを発見された場合は、該当記事のコメント欄から教えてください。また、質問もコメント欄からお願いします。よくある質問は、こちらにまとめてありますので参考にしてください(*^_^*)

作品をブログに載せる場合、型紙の入手先として「無料型紙工房ことろ」を紹介して頂けると大変うれしいです♪「リンクしていいですか?」などの連絡は不要なのでお気軽にお願いします。

また、このブログを参考にした作品の写真を「作りました!掲示板」に投稿できます。是非ステキな作品を見せてください!

最近では、ツイッターから作品を見せていただくことも多いです。その際には「@cotoro_net」をコメント内に入れていただけると私も作品写真を拝見することができ、リツイートさせていただくこともあります。たくさんの方に作品を見ていただきましょう(*^ ^*)