早期割や限定プランで お得に東京ディズニーリゾートへ♪



無料型紙ダウンロード

実寸大の型紙です。「余白なし(余白ゼロ)」の設定で、A4用紙に印刷して使ってください。(画像をクリックすると大きい画像が表示されます)。うまく実寸大に印刷できない場合はこちらをご覧ください。

型紙の実線が布を切るラインです。点線は、縫い代もしくは出来上がり線です。「わ」と書いてあるところは、布を2つに折り、折った部分を「わ」に重ねて2枚の布を一緒に切ります。

クマ帽子型紙A

クマ帽子型紙B

クマ帽子型紙C

お約束

型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。
詳細はこちら

作り方

【1】もこもこした生地で表地を切ります。頭(表地)とフロントは左右対称になるようそれぞれ1枚ずつきってください。

※ロータリーカッターで切る場合はカッターマットに毛が入り込んでしまうので、厚い雑誌や新聞紙の上で切ってください。

20121123-01

【2】頭(裏地)は左右対称に1枚ずつ。耳(フェルト)は省略OKです。

20121123-02

【3】もこもこの耳の表に耳(フェルト)をマチ針やクリップでとめます。このとき、直線部分を合わせてください。そして、フェルトの下に入っているもこもこ生地を出来るだけ外に出してください。

20121124-02

【4】フェルトの曲線部分を縫い代1~2mmで縫います(赤線)。

20121124-03

【5】毛をフェルトの上にかけて縫い目を目立たなくします。同様にしてもう一つのフェルトも耳に付けます。

20121124-04

【6】
(1)フェルトの付いた耳と、フェルトの付いていない耳を組み合わせます。
(2)中表に合わせて(表側同士を合わせる)、クリップやマチ針でとめます。このとき、もこもこの毛が外に飛び出さないように中側に入れ込んでください。
(3)縫い代1cmで曲線を縫います。

20121124-05

【7】表に返します。そして、中に綿を少し詰めます(省略OK)。

20121124-06

【8】赤線部分を縫い代5mmで縫います。そして、もう一つの耳も作ってください。

20121124-07

【9】頭(表地)の表に、耳のフェルトが上になるようにおきます。位置は型紙を参考にしてください。そして、赤線を縫い代5mmで縫います。

20121124-08

【10】さらにその上に、フロントの裏を上にして置き、赤線を縫い代1cmで縫います。(フロントを置く向きは型紙の注意書きを参考にしてください)

20121124-09

【11】もう一つの頭(表地)にも同様にして耳とフロントを付けます。

20121124-10

【12】2枚の頭(表地)を中表に合わせて、曲線部分を縫い代1cm縫います(赤線)。そして、ミシン線に垂直に切り込みを入れます(緑線)。ミシン線を切らないように注意してください。

20121124-11

【13】2枚の頭(裏地)を中表に合わせて、曲線部分を縫い代1cm縫います(赤線)。そして、ミシン線に垂直に切り込みを入れます(緑線)。その後、表に返します。

20121124-12

【14】頭(表地)の中に頭(裏地)を入れてクリップなどでとめます。中表に合わせるという意味です。

20121124-13

【15】周囲を縫い代1cmでぐるりと縫います(赤線)。このとき、首の後ろに当たる部分の10cmは縫わないでください。そして、ミシン線を切らないように注意しながらカドを切り落とします(緑線)

20121124-14

【16】返し口から表に返します。角は目打ちやヘラなどできれいに整え、ミシン線にまきこまれているもこもこを優しく引っ張って外に出します。

20121124-15

【17】返し口を手縫い(まつり縫いやコの字縫い)でふさぎます。そして、あごの部分にゴムひもを付けて出来上がりです。ゴムひもの長さは実際に帽子をかぶってみて決めてください。

20121124-16

これで出来上がりです。お疲れ様でした♪

お知らせ
作り方などの質問がある場合は、よくある質問をご覧になってから該当記事下のコメント欄へお願いします。また、型紙や作り方に間違いがあるときも、コメント欄から教えてください。

作品をメルカリヤフオクなどで販売して頂いて問題ありませんが、トラブルの無いようご自身の責任でお願いします。
出来上がった作品の写真をツイッターやインスタグラムに載せる際には、「@cotoro_net」をツイート(キャプション)内に入れていただけると私も拝見することができます。

ツイッターでは、みなさんの作品をたくさん紹介(リツイート)しています。是非フォローお願いします♪

関連記事
コメント一覧
  1. ぼやや says:

    何度も失礼します。ちょんまげを横向き(正面から見た時に見やすい)を付けたい場合、元々の型紙の頭の表地と裏地で作るんでしょうか?

  2. ことろ says:

    ぼややさんへ
    はい、その通りです(*^ ^*)
    くま耳と同じように、フロントの布と頭の布の間にちょんまげが挟まるかんじです。

  3. ぼやや says:

    遅くなりました!ご丁寧にありがとうございます!布を裁断したので、これから縫ってみます!

  4. このすば says:

    初めまして!
    事後報告になってしまいますが、こちらのクマ帽子を参考にして、
    クリスマスの劇で使う、羊の帽子をつくらせていただきました!
    100均のもこもこ素材のストールを使って、裏地無しの手縫いです。
    淵がほつれてしまうので、各パーツを手縫いで祭り縫い(?)する
    という下準備がかかり、気が遠くなりましたが、何とか出来上がり
    ました!
    耳はフェルトで。とてもかわいいです☆(>U<)
    すごく不器用で、図形系も苦手なのですが、解説の絵があり、とても
    助かりました!完成出来て感動です!
    ありがとうございました!

  5. ことろ says:

    初めまして、このすばさん
    羊さん、かわいいですね♪
    お役に立てたようでうれしいです(*^ ^*)

  6. animekomi says:

    すみません、自作ぬいぐるみ用に作りたいのですが、服の寸法測るみたいに、帽子のサイズあわせは、どのようにしたらいいでしょうか?

  7. ことろ says:

    animekomiさんへ
    この帽子は、頭囲50cmぐらいの子供用に作ったものです。
    なので、ぬいぐるみの頭囲を測って型紙を拡大・縮小してみてください(*^ ^*)
    帽子のサイズが書いていなかったので、記事の上の方に「サイズ」という項目をつくって追記しました。

  8. animekomi says:

    ありがとうございます。
    早速見てみます。m(_ _)m

  9. aco says:

    はじめまして!
    息子の百日祝に、くま帽子を被せて写真を撮りたくて、使わせていただきました。頭囲40㎝に対し、80%に縮小して、ジャストサイズでした。ゴムひもをリボンに変えたかったので、その取り付け方も参考にさせていただきました。素敵な型紙をありがとうございました!

  10. ことろ says:

    はじめまして、acoさん
    素敵な百日祝ですね(*^ ^*)
    お役に立ててうれしいです。

  11. もろ says:

    こんにちは。この被り物をアレンジして耳の部分をなくし、オニギリの帽子を作りたいのですが、どの様にしたらよいでしょうか。お助け下さい。

  12. ことろ says:

    こんにりは、もろさん
     
    耳の部分をなくすのは、耳を付けなければいいだけですので簡単です。
    具体的には、工程【3】~【9】を省略します。
    また、表地は「頭(表地)」と「フロント」に分ける必要もなく、
    「頭(裏地)」と同じ形の型紙でOKです。
     
    オニギリの帽子というのがどのようなイメージなのかにもよりますが、
    白い生地で全体を作って、ひたいの上あたりに黒い生地で四角いノリを付ければ
    おにぎりっぽくなると思います(*^ ^*)
    形を三角形ぽくしたい場合は、大きめに作って裏地と表地の間にワタを入れて
    形を整えるとよりおにぎりらしくなりそうです。
    何回か試作をして型紙を修正するとよりイメージされているおにぎりに近くなると思います。

Leave a Reply

CAPTCHA