ギャザースカートを2枚重ねただけの簡単なドレスです。ウェルカムドールにもぴったりです。

ステラ・ルーサイズの縫いぐるみに作りましたが、型紙のサイズを変えれば、他の縫いぐるみでも着られます。自由にアレンジしてください。

その他のウェディングドレス関連の無料レシピ ⇒プリンセスラインのスカートストールベールビスチェドロワーズ(かぼちゃパンツ)パニエパンプス(靴)手袋

20180709-05

難易度: ★☆☆☆☆

  • 製作時間: 1時間~2時間

※写真をクリックすると大きな写真が表示され、詳細を確認できます。


完成写真 と 解説 と 型紙の例

完成写真を見て出来上がりのイメージをつかんでください。

ソフトチュールのギャザースカートを2枚重ねて、胸にソフトチュールを縛っただけの簡単なドレスです。うっすらと足が透けて見えます。

※ 頭の飾りは、子供が入学式につけていたコサージュです。

20180709-03

ソフトチュールは柔らかくてボリュームが少ないため、エンパイアラインのドレスに近くなります。セーラームーンのプリンセスセレニティっぽいですね。

20180709-06

後ろのスソを長くしたい(トレーン)場合は、丈の長いギャザースカートを作ってからお好みの形にスソをカットしてみてください。

20180709-04

以上の写真はソフトチュール2枚重ねですが、下の写真はソフトチュールの1枚だけです。かなり透けますが、こちらもかわいいです。

20180706-02

下の写真は、内側にサテン生地、外側にソフトチュールのギャザースカートです。サテン生地はハリあるため、ギャザースカートにするとボリュームがでます。

20180706-03

ふんわりと広がったドレスにしたいときや、透けないようにしたいときは、このように内側にサテン生地を入れるのがおすすめです。

20180706-04

ステラ・ルーよりも少し大きいシェリーメイにも、上の方の写真と同じソフトチュール2枚重ねのものを着せてみました。このままでもかわいいですが、ウェディングドレスとしてはもう少し丈を長くした方がいいかもしれません。

ベールの作り方はこちら手袋の作り方はこちら

20180709-01

胸にソフトチュールの代わりにビスチェを付けるともう少し、しっかりめのドレスになります。

20180710-01

ちなみに、難易度が少し高くなりますが、ギャザースカートではなくプリンセスラインのドレスの作り方もあります。

20130715-01

材料(概算です。参考までに)

  • スカートの生地・・・ソフトチュールサテン生地を型紙で指定されたサイズ
  • ゴムひも・・・幅8mm以下の平ゴムを、ウエストサイズ+10cmぐらい

使った道具で特におすすめなもの

※ この他にも私が愛用している道具はこちらで詳しく紹介しています

無料型紙ダウンロード

簡単ギャザースカートと同じ型紙ですので、そちらを参考にしてください。ステラ・ルー以外にもいろいろなサイズの縫いぐるみに作れるように、型紙の計算式を載せています。

 

お約束

型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。
詳細はこちらの利用規約をご覧ください。

ソフトチュールのギャザースカートの作り方

※ Sサイズ ステラ・ルーのウエストサイズ:32cm
※ スカート丈:21cm
※ スカートの円周:ウエストの約3倍
※ 型紙:横97cm×縦22.5cmの長方形
※ 生地:ソフトチュール

作り方は簡単ギャザースカートの作り方と同じで、工程【5】を省略してください。2枚重ねにする場合は、外側のスカートの丈を少し長めにしてもいいですね。

20180706-06

サテン生地のギャザースカートの作り方

※ Sサイズ ステラ・ルーのウエストサイズ:32cm
※ スカート丈:20cm
※ スカートの円周:ウエストの約2倍
※ 型紙:横65cm×縦22.5cmの長方形
※ 生地:ブライダルサテン(普通のサテン生地よりキラキラ光って少し薄手)

作り方は簡単ギャザースカートの作り方と同じです。

20180706-05

ソフトチュールで作る胸のリボンの作り方

87cm×25cmの長方形のソフトチュールを使っています。

自由に結んでいいと思いますが、私は、正面はスカートのゴム部分を隠すように、背面はゴム部分が見えるように少し下の方で結びました。結び方はコマ結びです。

20180709-04

これで出来上がりです。お疲れ様でした。

お知らせ
型紙や作り方に間違いを発見された場合は、該当記事のコメント欄から教えてください。また、質問がある場合はまずはよくある質問をご覧になって、コメント欄からお願いします。

作品の写真をツイッターに載せる場合は、「@cotoro_net」をコメント内に入れていただけると私も作品写真を拝見することができます。

その際には、どの型紙を作ったかや、アレンジした場合はアレンジした箇所、型紙を拡大・縮小した場合はその倍率などの情報を合わせて載せていただけると、他の方の参考になると思います。

ツイッターでは、みなさんの作品をたくさん紹介(リツイート)しています。是非フォローお願いします♪

関連記事
Leave a Reply

CAPTCHA