おじいさんの白ヒゲです。お遊戯会の衣装として幼児用(3〜6歳)に作りました。サンタクロースの仮装にぴったりだと思います(*^ ^*)

型紙を拡大すれば大人でも付けられます。縮小すれば、人形や縫ぐるみにもいいですね(参考記事)。自由にアレンジしてください。

20161124-01


  • 難易度: ★☆☆☆☆
  • 製作時間: 30分〜1時間半
  • サイズ: 子供(3歳〜6歳ぐらい)
※写真をクリックすると大きな写真が表示され、詳細を確認できます。



完成写真 と 解説

完成写真を見て出来上がりのイメージをつかんでください。

モデルは6歳身長110cmです。耳にかけて付けます。幼稚園のお遊戯会劇「浦島太郎」が最後におじいさんになる場面用に作ったものです。サンタクロースの仮装にも使えそうですね。

20161125-02


裏側です。手縫いの方がきれいに仕上がるので、ミシンは使っていません。

20161125-01


材料(概算です。参考までに)

  • ファー生地・・・幅45cm×長さ25cm
  • ゴムひも・・・幅1cmぐらいを30cm。幅5mmぐらいを20cm



使った道具

道具の詳細や使い方はこちらの記事にまとめてあります


無料型紙ダウンロード

実寸大の型紙です。「余白なし(余白ゼロ)」の設定で、A4用紙に印刷して使ってください。(画像をクリックすると大きい画像が表示されます)。うまく実寸大に印刷できない場合はこちらをご覧ください

「わ」と書いてあるところは、布を2つに折り、折った部分を「わ」に重ねて2枚の布を一緒に切ります。

型紙の実線が布を切るラインです。点線は、縫い代もしくは出来上がり線です。

サンタヒゲ型紙



お約束

型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。
詳細はこちら。

作り方

【1】布を切ります。


写真は裏側から見たところです。布より毛の方が長くなるように切ります。コツは、毛を切らないように、毛が生えている布だけを切る感じでハサミで切ってみてください。

また、私が使ったファーのように毛の流れる方向がある布の場合は、毛の向きにも注意してください。

※ ロータリーカッターを使うと毛も一緒に切れてしまうのでハサミがお勧めです。
※ 私が使ったファー生地はほつれにくかったため、ほつれ止めしていません。気になる場合は、ほつれ止め液を使ってみてください。

20161125-03


【2】裏側に2cm折り返します。

20161125-04


【3】赤線を手縫い(なみ縫い)で縫います。このとき、表の毛を一緒に縫わないように(毛が生えている布だけを縫う感じ)すると、きれいに仕上がります。

20161125-05


【4】ゴムひもを通します。(幅1cmぐらいのゴムひもを使います)
(1)赤線を縫って、ゴムひもをとめます。
(2)余分なゴムひもを切ります。

20161128-01


【5】
(1)ゴムひもを引っ張って縮めます。縮める長さは、実際に顔に当てて決めてください。私は23cmに縮めました。
(2)赤線を縫ってゴムひもをとめます。
(3)余分なゴムひもを切ります。

20161128-03


【6】すると、このようになります。

20161128-04


【7】耳にかけるゴムひもを輪にしてクリップなどで仮止めし、実際に耳にかけて長さを決めます。

※幅5mmぐらいのゴムひもを使います。

20161128-05


【8】両方の端のゴムひもの長さが決まったら、赤線を縫って固定します。

20161128-06

これで出来上がりです。お疲れ様でした。


型紙や作り方に間違いを発見された場合は、該当記事のコメント欄から教えてください。また、質問もコメント欄からお願いします。よくある質問は、こちらにまとめてありますので参考にしてください(*^_^*)

作品をブログに載せる場合、型紙の入手先として「無料型紙工房ことろ」を紹介して頂けると大変うれしいです♪「リンクしていいですか?」などの連絡は不要なのでお気軽にお願いします。

また、このブログを参考にした作品の写真を「作りました!掲示板」に投稿できます。是非ステキな作品を見せてください!

最近では、ツイッターから作品を見せていただくことも多いです。その際には「@cotoro_net」をコメント内に入れていただけると私も作品写真を拝見することができ、リツイートさせていただくこともあります。たくさんの方に作品を見ていただきましょう(*^ ^*)

作品を投稿される際には、どの型紙を作ったかや、アレンジした場合はアレンジした箇所、型紙を拡大・縮小した場合はその倍率などの情報を合わせて載せていただけると、他の方の参考になると思います。