Part 2 です。Part 1をご覧になっていない方は、Part 1からお願いします。

20121221-02


作成する前の注意事項

・この作り方は正しい和裁ではありません。簡単に作れて、なるべく本物の着物に見えるように工夫しています。
・正しい和裁では女性用と男性用で仕立て方が異なりますが、この作り方はより簡単な方を採用した男女兼用(男女混合)になっています。
・ミシン線が外から見えても構わない人や時間がない人は、まつり縫いする部分をミシンで縫っても構いません。

作り方

【1】布を切り、黄色い線の切り口にほつれ止めをします。(縫いぐるみの服なのでほつれ止めを全くしないという考えもアリです)。今回は、ほつれ止め液を使いましたが、ロックミシンや家庭用ミシンのジグザグ縫いをでもOKです

20121223-01

20121223-02

【2】左前身頃と左おくみ、右前身頃と右おくみをそれぞれ中表に合わせて(表側同士を合わせる)、縫い代1cmで黄色線を縫います。

20121223-03

【3】左後身頃と右後身頃を中表に合わせ、縫い代1cmで縫います。

20121223-04

【4】先ほど縫った縫い代を倒してアイロンをかけます。このとき、写真の黄色矢印の方向に縫い代を倒すのが本物の着物仕様です。ですが、しっぽ穴を開ける予定の方は、後身頃の縫い代は開いてアイロンをかけた方が綺麗に仕上がります。

20121223-05

【5】袖と身頃の中心を写真のように中表に合わせて、縫い代1cmで縫います。縫う長さは肩から9cmですが、型紙の「袖付け位置」も参考にどうぞ。

20121225-06

【6】おくみの端を裏側に1cm折り返して黄色線を縫います。左おくみ、右おくみ両方に行ってください。

※表に縫い目が出ないように(裏地の糸をすくうように)まつり縫いするときれいに仕上がります。

20121225-07

【7】
(1)共衿の端を裏側に1cm折り返してアイロンをかけます。そして、衿の裏側の中心に接着芯(4cm×10cm)を貼り付けます。
(2)衿の表の中心に、共衿の裏を合わせます。そして、共衿の中心に手縫いでしつけをします(後ほどこのしつけはほどきます)。

20121225-08

【8】
(1)衿を縦半分に折ってアイロンをかけます(約3cm幅になります)。そして、折った部分を開きます。
(2)衿の両サイド(長い部分)を内側に1cm折ってアイロンをかけます。(1)で折った部分を再び折ってみると、約2cm幅になります。

20121225-09

【9】工程【8】で衿を折った部分を開いて、身頃の首周り部分と中表にあわせます。このとき、衿の中心と背中の中心を合わせてください。衿の方が少し長いので、飛び出しますが大丈夫です。

そして、縫い代8~9mmで黄色線を縫います(衿のアイロン線のすこし外側という意味)。共衿も衿と一緒に縫ってしまってください。

《エリと身頃の合わせ方をもっと詳しく説明します。わからない方は読んでください。》
まず、「左おくみ」の上の端と「右おくみ」の上の端を両手でもって横に軽く引っ張ります。 すると、「右おくみ→右前身頃→右後身頃→左後身頃→左前身頃→左おくみ」の順に 上端が一直線に並びます。 その一直線に並んだ部分にエリを合わせます。このとき、前身頃と後身頃の間のV字の切れ込み部分も一直線になることに注意してください。

20121225-10

【10】
(1)衿の端をおくみの端に合わせて裏側に折り返し、折り返し部分を約1cm残して切り落とします。
(2)衿で身頃をくるむように、衿のアイロン線の通りに折ります。

20121225-11

【11】着物の表に縫い目が出ないように気をつけながら、黄色線をまつり縫いします。そして、共衿を縫い付けていた「しつけ」を取ります。

20121225-12

袖を作る工程【12】~【14】は右袖、左袖の両方に行ってください。

【12】袖と身頃の間の縫い代を開いてアイロンをかけます。次に、袖口側を裏に1cm折ってアイロンをかけます。

20121226-07

【13】袖を中表に合わせて、黄色線を縫い代1cmで縫います。このとき、肩から9cmは袖口になるので縫わないでください。(型紙の「袖口」印より下を縫うという意味です)

そして、縫い代を開きます。袖口の部分も1cm裏側に折ってください。

20121226-08

【14】(工程【12】で)折ってたそで下の縫い代をまつり縫いして固定します。また、(工程【13】で)裏側に折った袖口もまつり縫いで固定します。

20121226-09

【15】ワキを縫います。このとき、肩から11cm(袖付け位置より2cm)は縫わないでください。(型紙の「あき止り」印より下を縫うという意味です)

※わきの下が2cmほどあきます。わきの下が開かない形の着物もありますが、布の引きつれ防止のためにあけています。

20121226-10

【16】スソを裏に2cm折り返してまつり縫いします。

※表に縫い目が出ないように(裏地の糸をすくうように)まつり縫いするときれいに仕上がります。

20121226-11

【17】伊達衿付ける場合のみこの工程を行ってください。
伊達衿の両端を裏に折り返して着物につけた「衿」よりも少しだけ短い長さにします。そして、アイロンをかけます。その後、外表に縦に半分に折って、アイロンをかけます。

20121226-01

【18】伊達衿付ける場合のみこの工程を行ってください。
伊達衿の「わ」になっている部分が着物の外側から少し見えるようにします。このとき、首の後ろは衿よりも2mm下げて表から見えないようにし、肩より前は衿よりも2mm出して表から見えるようにします。

そして、縫い目が表に出ないように(黒い布に縫い目がでないように)気をつけながら黄色線を手縫い(なみ縫いなど)で縫い付けます。

20171030-01

【19】美容衿付ける場合のみこの工程を行ってください。
(1)美容衿の短いほうの辺を裏側に1cm折ってアイロンをかけ、次に、長い方の辺を裏側に1cm折ってアイロンをかけます。
(2)細長く半分に折ってアイロンをかけます。すると2cm幅になります。
(3)赤線を縫い代1~2mmで縫います。

20121226-03

【20】美容衿付ける場合のみこの工程を行ってください。
伊達衿の中心と美容衿の中心を合わせ、着物の表に縫い目が出ないように赤線を手縫い(なみ縫いなど)で縫い付けます。このとき、「衿」よりも2mm下げて着物の表から見えないようにしてください。

20121226-04

【21】しっぽの穴を開ける場合のみこの工程を行ってください。
(1)着物を縫いぐるみに着せて、しっぽの位置に印を付けます。この写真では、衿の下から13cmと17.5cmの位置に印を付けています。
(2)背中中心のミシン線を囲むように、(1)でつけた印の間をミシンで縫います。
(3)(4)背中中心のミシン線をリッパーなどで切ります。このとき、(2)で縫ったミシン線を切らないように注意してください。

20121226-06

これで出来上がりです。お疲れ様でした。

お知らせ
作り方などの質問がある場合は、よくある質問をご覧になってから該当記事下のコメント欄へお願いします。また、型紙や作り方に間違いがあるときも、コメント欄から教えてください。

作品をヤフオクなどで販売して頂いて問題ありませんが、トラブルの無いようご自身の責任でお願いします。
出来上がった作品の写真をツイッターやインスタグラムに載せる際には、「@cotoro_net」をツイート(キャプション)内に入れていただけると私も拝見することができます。

ツイッターでは、みなさんの作品をたくさん紹介(リツイート)しています。是非フォローお願いします♪

関連記事
コメント一覧
  1. みわ says:

    ことろさん初めまして。
    ミシンを持っていないのですが手縫いでも作れますかね...?

  2. ことろ says:

    はじめまして、みわさん
    大変さは別として手縫いでも作れます(*^ ^*)
    ミシンが無い時代は、着物を手で縫っていたはずですから。
     
    ただ、工程【21】でしっぽ穴をあけるときはお気を付けください。
    手縫いの場合は、背中の中心の糸を切るとどんどんほつれていきます。
    ほつれ止め液を塗るか、切った部分を玉止めしてください。

  3. みわ says:

    ことろさん、お返事ありがとうございます!
    綺麗な着物を着せてあげられるように手縫いでコツコツ頑張ります(^ ^)

Leave a Reply

CAPTCHA