無料型紙ダウンロード

実寸大の型紙です。「余白なし(余白ゼロ)」の設定で、A4用紙に印刷して使ってください。型紙の黒実線が布を切るラインです。点線は、縫い代もしくは出来上がり線です。「わ」と書いてあるところは、布を2つに折り、折った部分を「わ」に重ねて2枚の布を一緒に切ります。うまく実寸大に印刷できない場合はこちらをご覧ください。また、印刷する環境がない場合は1cm方眼紙を用意し、型紙画像のマス目(1cm幅)を頼りに手書きで写してみてください。

<PDFでダウンロードする場合はこちらをクリック>

下記画像をクリックして、画像(JPG)でダウンロードもできます。

お約束

型紙及び作り方の再配布・転載・販売はしないでください。詳細は利用規約をご覧ください。

 

作り方

布を切る

【1】布を切ります。そして、ほつれ止めをする場合は赤線の部分にします(ほつれ止め液がおすすめです)。私が今回使ったスムースニット生地はほつれにくいため、ほつれ止めは行いませんでした。また、首テープと腕テープは見頃の肩と合わせる部分にしるしをつけておいてください(青矢印)。

首回りを作る

【2】前身頃と後身頃を中表に合わせて(表地同士を合わせて)、片側の肩の部分をクリップなどで止めます。

【3】先ほどとめた部分を縫い代5mmで縫います。

※ 布が柔らかくて伸びやすいので縫いにくいかもしれません。そのときは、布の下に薄い紙を入れて一緒に縫いこみ、縫った後にミシン目に沿って紙を破って取り除くと縫いやすくなります。

【4】先ほど縫った縫い代を開きます。

【5】写真のように身頃の表と、首テープの裏が見えるように置きます。そして、見頃とテープの端(赤矢印)、肩の位置(青矢印)を確認します。

【6】先ほど確認した位置同士をクリップでとめます。

※ ほつれ止めをしてある場合は、ほつれ止めをしていない側を合わせていることに注意してください。

【7】クリップの間をさらにとめます。

【8】縫い代5mmで赤線を縫います。

【9】先ほど縫った位置で首テープを折ります。

【10】首テープをさらに身頃の切り口に巻き付けるようにして(見頃を折らないように気を付けて)身頃の裏に倒し、クリップなどでとめます。このとき、裏側から見たときに首テープの幅が1cm以上見えるようにしてください。

【11】身頃の表側から、首テープの上を縫います(ステッチをかけます)。このとき縫う位置は、首テープの端(見頃と首テープの境界部分)から2~3mmぐらいの位置です。

【12】裏側から見るとこのように、首テープの上に縫い目が見えます。

しかし、失敗すると下の写真(裏側から見た写真です)のように首テープ上に縫い目が無くなり、見頃に落ちてしまいます。この原因は、首テープの幅が狭すぎたり、工程【8】で縫ったときの縫い代が大きすぎたり、工程【10】で首テープを見頃に巻き付けるときにゆるかったりするためです。

このようになってしまった場合は、手縫い(まつり縫いなど)で、表に縫い目がなるべく出ないように首テープを見頃に縫い付けてください。

※ 下の写真は試作品のものです。首テープの幅が狭かったため失敗しました。

腕回りを作る

【13】縫われていない肩の同士を中表にあわせてクリップでとめます。

【14】縫い代5mmで赤線を縫いって、縫い代を開きます。

【15】写真のように身頃の表と、腕テープの裏が見えるように置きます。そして、見頃とテープの端(赤矢印)、肩の位置(青矢印)を確認します。これは、首テープのときとほとんど同じ作業です。

【16】先ほど確認した位置同士をクリップでとめます。

※ ほつれ止めをしてある場合は、ほつれ止めをしていない側を合わせていることに注意してください。

【17】クリップの間をさらにとめます。

【18】赤線を縫い代5mmで縫います。

【19】先ほど縫った位置で腕テープを折ります。

【20】腕テープをさらに身頃の切り口に巻き付けるようにして身頃の裏に倒し、クリップなどでとめます。

【21】身頃の表側から、首テープの上を縫います(ステッチをかけます)。このとき縫う位置は、腕テープの端から2~3mmぐらいの位置です。

【22】反対側の腕テープも同じように縫い付けます。

身頃を合わせる

【23】前身頃と後身頃を中表に合わせ、わきの下部分をきれいに合わせてクリップなどでとめます。

【24】赤線を縫い代5mmで縫います。

【25】スソを裏側に1cm折って、クリップなどでとめます。

【26】赤線を縫って、スソをとめます。

これで出来上がりです。お疲れさまでした♪

 


お知らせ
作り方などの質問がある場合は、よくある質問をご覧になってから該当記事下のコメント欄へお願いします。また、型紙や作り方に間違いがあるときも、コメント欄から教えてください。

作品をメルカリ・ヤフオク・ミンネ等で販売して頂いて(私の著作権上)問題ありません。(他の方の著作権や、販売サイトの規約など)トラブルの無いようご自身の責任でお願いします。詳しくは利用規約をご覧ください。

出来上がった作品の写真をツイッターやインスタグラムに載せる際には、「@cotoro_net」をツイート(キャプション)内に入れていただけると私も拝見することができます。

ツイッターでは、みなさんの作品をたくさん紹介(リツイート)しています。是非フォローお願いします♪


↓早期割や限定プランで お得にディズニーリゾートへ♪新着情報をチェック!

↓楽天カードでさらにお得に
関連記事
コメント一覧
  1. 雪歌 says:

    初めまして。こちらの型紙を参考に後ろ開きのタンクトップを作りたいと思っているのですが、どのように変えるのがいちばんわかりやすいでしょうか?

  2. ことろ says:

    はじめまして、雪歌さん
     
    まず、後身頃の型紙は、こちらのTシャツのように
    後身頃を半分にして縫い代などを付けて合わせる部分を作ります(*^ ^*)
     
    タンクトップの作り方の工程【4】の後で、
    反対側の肩部分も縫い合わせます。
    すると、工程【5】では、後身頃の開き部分と、
    首テープの端を合わせることになります。
    首テープの長さは、ここで決めるとやりやすいかと思います。
     
    最後に、Tシャツの作り方の工程【13】のように後身頃の開きを縫ってください。

Leave a Reply

CAPTCHA


ツイッターで最新情報やみなさまの作品紹介をしています