早期割や限定プランで お得にディズニーリゾートへ♪

香港上海フロリダアナハイムハワイパリ

子供用のローチェアのカバーです。以前作成したカバーを改良し、より椅子にフィットするようにしました。大人用の丸椅子にも使えます。
こういう椅子の座面はビニールで出来ているので、冬は最初ヒヤっと冷たく、夏は蒸れます。そこで、キルティングで作ったこのカバーを付けるととても座り心地が良くなります。また、洗濯機で丸洗いできるので汚れても安心です。

20120228-01

■ 難易度: ★☆☆☆☆
■ 製作時間: 40分~1時間半
■ サイズ:35cm×35cmなど


完成写真 と 解説

まずは完成写真を見て出来上がりのイメージをつかんでください。無料型紙や作り方は次のページにあります。今回は、直径30cmの椅子のカバーをつくります。

20120228-03

裏側でひもで結んでいます。縦を先に結んでから横(サイド)を結ぶときれいにつけられます。横のヒモはそれぞれ2本ずつあり、引っ張るとギャザーが寄せられます。

20120228-02

下の写真のような、足が2本の椅子にも対応します。上の写真の丸椅子と同じサイズのカバーですが縛り方を変えるとぴったりです。

20130329-01

この椅子は、ブォーノ キッズ デスク&チェアセット の一部で、4歳の息子と2歳の娘のお遊び&お勉強用に購入したものです。しっかりした作りなのにリーズナブルで、幼稚園児にぴったりなサイズです。自分たちの机がうれしいようで、よく座ってお勉強?しています(*^_^*)

20130329-02

アレンジ

大人用の丸椅子のカバーも作ってみました。直系35cmの椅子なので、1辺が44cmのキルティングを使いました。出来上がりサイズは40cm×40cmです。しっかりフィットしているのでカバーがずれにくいです。

20120422-01

この椅子はかなり昔に買った椅子で傷や色あせがありましたが、カバーをつけるだけで新品のように♪

20120422-02

材料

(分量は概算です。参考までに)
・布・・・キルティングを、39cm×39cm
・ヒモ・・・アクリルヒモを、300cm

※布のサイズは、「座面の直径」+9cmの正方形。座面の厚みが大きい場合はもっと大きく。

▽ いろいろな生地を探せます

おすすめの道具

道具の使い方やその他の道具はこちらの記事をご覧ください

無料型紙ダウンロード

実寸大の型紙ではありません。指定サイズに布をカットしてください。この型紙は直径30cmの椅子用です。他の大きさにしたい場合は、「座面の直径」+9cmの正方形にカットしてください。

<PDFでダウンロードする場合はこちらをクリック>

下記画像をクリックして、画像(JPG)でダウンロードもできます。

子供いすフィットカバー型紙

お約束

型紙&作り方の再配布・転載・販売はNG
出来上がった作品を販売するのはOK
詳細はこちら

作り方

【1】生地を切る

39cm×39cmに切ります。

20120228-04

【2】ミシンで縫うとき、最初と最後はすべて返し縫いをしてください。

角を3cm裏側に折ります。次に、先っちょを裏に1cm折ります。下の写真の青線の位置を縫います。これを、4箇所すべてに行います。

20120228-05

【3】周囲を2cm裏に折り返し、ジグザグミシンをかけます。

20120228-06

【4】120cmのヒモを下の赤線の位置に通します。

20120228-07

【5】反対側にもヒモを通してヒモの先をこま結びにします。ヒモの長さがそれぞれ同じくらいになるように均等に整えます。

20120228-08

【6】下の写真の青丸のカドに注目してください。

20140418-01

【7】

(1)このカドからヒモを少し引き出します。
(2)引き出したヒモに、30cmのヒモを結びます。
(3)青線の位置を縫ってヒモが動かないようにします。
(4)ヒモの結び目を布の中に隠します。
これを反対側のカドにも行ってください。

20120228-09

【8】これで出来上がりです。お疲れ様でした♪

20120228-10

お知らせ
作り方などの質問がある場合は、よくある質問をご覧になってから該当記事下のコメント欄へお願いします。また、型紙や作り方に間違いがあるときも、コメント欄から教えてください。

作品をヤフオクなどで販売して頂いて問題ありませんが、トラブルの無いようご自身の責任でお願いします。
出来上がった作品の写真をツイッターやインスタグラムに載せる際には、「@cotoro_net」をツイート(キャプション)内に入れていただけると私も拝見することができます。

ツイッターでは、みなさんの作品をたくさん紹介(リツイート)しています。是非フォローお願いします♪

関連記事
コメント一覧
  1. おおば あやこ says:

    教えてください。
    ひもの入り口と違う角度から、30センチの・・・から説明がよくわかりません。ぜひ作ってみたいので、お時間がある時でいいので、詳しく教えてください。
    よろしくお願いします。

  2. ことろ says:

    おおば あやこさんへ
    わかりづらかったですね。すみません。
    「ひもの入り口と違う角度から、30センチの・・・」の文章を少し変えて、
    その上に「下の写真の青丸のカドに注目してください。」という写真を追加しました。
    どうでしょう?わからない場合はまた質問してください(*^_^*)

  3. わかば says:

    はじめまして、こんにちは(๑′ᴗ‵๑)
    先日、私事ですが人生初のミシンを購入しました。そこで、何かいい案はないものかとネット探索していましたら、ことろさんのサイトを見つけ、一目惚れいたしました(๑✧◡✧๑)
    全てが可愛すぎる!!!
    ド初心者の私にも作れそうなこちらの作品から参考にさせていただきました(๑′ᴗ‵๑) 惜しみない無料レクチャー、感謝です!(ฅ'ω'ฅ)♪
    Twitterのフォローさせていただきました~o(^▽^)o

  4. ことろ says:

    はじめまして、わかばさん
    フォローありがとうございます♪
    他にも色々な作品を作ってみてください(*^_^*)

  5. きょんきょん says:

    わが家の年季の入った四角い座面のダイニングの4本足椅子に作ってみたいです。座面のサイズが47×47で厚みが10センチなので、67×67に縫い代を足す感じで、作れるでしょうか。椅子を買った時にオーダーしたカバーがシミだらけの上、再オーダーができないので、なにかいい方法がないか考えていました。子供が汚したら洗えるし、ギャザーでフィットさせるカバー!!! お知恵を貸してください。よろしくお願いします。

  6. ことろ says:

    きょんきょんさんへ
     
    67という数値は、47cmに厚みの分の10cmを2つ足したということでしょうか。
     
    四角い椅子に作ったことがないので、正確なことはいえないのですが。
    まず、現在ご覧になっているページの「アレンジ」の項目を見てみてください。
    大人用の丸椅子にカバーを作った例があります。
    これも4本足なのですが、カバーのカド(ひもが付いている部分)は、
    足と足の間になっているのがわかると思います。
     
    四角い椅子の場合も、カバーのカドは足と足の間になるはずです。
    1辺が47cmの正方形の座面をこのように(椅子の厚みを考えずに)覆うには、
    最低でも1辺が66.5cmのカバーになります。
    (計算式は、(47cm÷√2)×2=66.46cm)
    椅子の厚みの部分も隠すにはもう少し大きいカバーになりそうです。
    70cm~80cmぐらいでしょうか。
     
    試しに、70cmの正方形に切った新聞紙などを椅子にかぶせてみると
    イメージがわくと思います(*^ ^*)

  7. きょんきょん says:

    そうですね、まずは新聞紙などでサイズを確認してみます。
    ルートの計算がこんな時に役に立つとは!
    なんだかとっても作りたくなってきました。
    どうもありがとうございました。

Leave a Reply

CAPTCHA